« シビック TYPE R (FL5)(その12) | トップページ | ThinkPad トラックポイント キーボード II »

2023年8月30日 (水)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (22)

P1080290_r
 暫く前からガンダム系情報まとめサイト(大体ココで読んでいます)でカーラの暴走が話題となっており、22巻の発売を楽しみにしておりましたが、実際読んでみますと、もうやりたい放題ですな( ・`ω・´)

 で。
 イオvsダリルの激突は続いてるんですけど、ジオングは裏で誰かに操られているらしい……ジオングに組み込まれているのはリリーの妹イースとしても何時組み込まれたんだか。
 刻の間でリリーとダリルが邂逅。
 ブラウ・ブロに組み込まれている誰かは今のところ全然不明。
 その誰かが言う「あの人を止めて」のあの人は糞坊主ではなく、怪物の母カーラでした。

 フォン・ブラウン市がソーラ・レイを撃たれた時のための「奥の手」とはなんでしょうな?
 そーいやまだファーストでの最終決戦地ア・バオア・クーは出てきません……この作品、ファーストをあれこれオマージュしてますんで、サンダーボルトでの最終決戦地もココかも。

 ソーラ・レイ、大僧正がコントロールするビグザムによって移動中。ソーラ・レイ内では発射管制室奪取攻防戦。
 で、カーラがベイビー達=サイコザクの隠し機能を発動→サイコザクパイロット全滅(3名を除く)。
 ……整備兵は、サイコザクを整備している時にこの機能とかもう一つのモノアイに気が付かなかったのだろうか?
 ダリルは見かけガンダムなサイコザクに搭乗してますけど、特に問題なさそう。

 核を抱えたビアンカがビグザムに特攻。
 管制室は南洋同盟が占拠、でも既にソーラ・レイの発射ボタンはオン。
 大僧正は全ての責任を放棄、ダリルに転嫁。
 そしてソーラ・レイ発射、閃光にイオ、リリー、ダリルの運命は!?で以下次巻。

 「ハローベイビー。おまえにはやって欲しい事があるのよ、ママの為に」
 幼児退行してからの復帰で、こーなると予測出来た登場キャラは居なかったでしょうな……大僧正様でも予見できなかった訳ですから→つーか「刻の流れは悪戯に分岐する」なんて言っている程度なんですから、結局予知能力なんて初めから無かった詐欺坊主でしたな。
 ココ数話でカーラの立場というか重要性が滅茶苦茶上がりました。
 ソーラ・レイ絡みの話が終わった後、カーラはどうなるんでしょう?

 この決戦自体の決着がどのような形で着いたとしても、まだ先は長そうですというかまだ続くらしい。
 先程も記載しましたけど、まだア・バオア・クーは出てませんし。
 サンダーボルト宙域とア・バオア・クーが最後の決戦になるのかも。
 次巻は発売が待ち遠しいですな……その前にまたまとめサイトでちらほら情報が出てくるとは思いますが。

|

« シビック TYPE R (FL5)(その12) | トップページ | ThinkPad トラックポイント キーボード II »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シビック TYPE R (FL5)(その12) | トップページ | ThinkPad トラックポイント キーボード II »