« 【推しの子】(13) | トップページ | ドラゴンクエストウォーク(その48) »

2023年11月22日 (水)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(その5)

20231122a 20231122c
 源の宮をサクッと通過し、葦名城 城下 (内府襲来時)で怨嗟の鬼を狩る……本編にはあまり関係なく、クリアしてもしなくても何も変わらないらしいですけど、ボスとして存在するなら狩っておかないと!
 で、挑んだんですけど、結局4時間位かかりました(´・ω・`)

 こんなんどーやって狩るんだ?というのはどのボスキャラも同じでして、敵の動きを覚えてからが勝負。
 その動きにきちんと自分の指が反応できるかどうか。
 それがなんとなく出来るようになり、運もあってクリアできたのが4時間後という。

 このボスの場合、というかわらしの場合、「左手殴り→左手振り払い→踏みつけ→左手アッパー」をステップ→ステップ→ガード→ステップ、という動作(by上級騎士なるにぃ)で避けられるようになったら攻略が見えてきました。
 剣戟アクションであるSEKIROで、全然剣戟(弾き)を使うことがなく、あまり評判の宜しく無いボスではありまするけど、結構楽しめましたな。
 というか、勝てる!という見込みが増すにつれて面白みも増していくのが、このゲームの良いところです。
 挑み始めは心折れそうなことが多々ありますけど、やっているうちに段々と動きを覚え、それに自分が徐々に対応できるようになってくると面白みが増してくるというゲームバランスの良さ。

 もう一回やれ!と言われても、すぐにはする気はないですけど、まーたそのうち挑まないとならないかな。
 いつの間にやらストーリーの重要な点を見逃してしまい、「竜泉川端 平田屋敷(義父の守り鈴)」に行くフラグを折っていましたわ。

 修羅エンドとコレを回収するのに最低あと2回はクリアしないとならないという……まぁ、そこまでするのか否かはわかりませんけど、某konozama食らっているゲームが何時になったら届くのか分からないので、出来るだけは進めてみようと思っとります。面白いですし!
20231122b
 怨嗟の鬼の正体って、あの人だったんですな。
 いつの間にやら荒れ寺に居なくなってましたし……というか、こうなることが会話とかで出てたんでしょうか?
 正体を知るまでは、四股踏みとかで「うわばみの重蔵」とかの強化版かな?と思ってましたし。

 さて、とりあえずラスボス戦に挑む前に、首無し、七面武者など放置していた強敵を先に狩っておこうかしら。
 2回目もするつもりではありまするが、残っているボスが居るのであれば、狩らなきゃ。

|

« 【推しの子】(13) | トップページ | ドラゴンクエストウォーク(その48) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【推しの子】(13) | トップページ | ドラゴンクエストウォーク(その48) »