« シビック TYPE R (FL5)(その15) | トップページ | 30MS SIS-Tc20g ツキルナ=ディアース(イノセンテフォーム) »

2024年5月 5日 (日)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(その9)

20240505
 エマ&一心狩って修羅エンドを迎え、トロコンもしました。
 にしても「修羅エンド」ではありまするが、案の定、だーれも幸せになれない結末でしたな。
 プレイヤーが「茶屋エンド」を望むのも仕方ないですな、コレ。

 コレ始めて7ヶ月もかかりましたけど、面白かった!楽しかった!
 体幹ゲージというかこのシステムが良かったですな。

 ゲームをする順番的にもエルデンリング→SEKIROで良かった。
 先にSEKIROをプレイしていたらエルデンリングは途中で止めてしまった可能性、有。
 というか来月DLC入りのエルデンリングが発売されますけど、今のところ全く買う気、遊ぶ気、無いです。
 フロムのゲームで衝撃を受けるほど面白かったのは、コレとデモンズくらいしかないかも。
 ダークソウルやエルデンリングは、デモンズの発展型とか完成形ではありまするけど、衝撃を受けるほどではありませんでしたし。

 SEKIROの体幹ゲージシステムを流用した新たなコンテンツは発売されないんでしょうかね?
 もっとも、SEKIROで受けた衝撃波なさそうですけどね。

 とりあえず、SEKIROはコレにて終了です。
 「類稀な強者との連戦」が残ってますけど……全然踏破出来る気がしないので、とりあえずパス(´・ω・`)

 さて、次は積んでいるどのゲームを消化するべか。
 ……Swichで狂王の試練場が発売されたり、ギターライフもやりたい、ついでにミクのボクシングもやりたい、PS5用は半年以上前から2本積んでいる。
 時間が圧倒的に足らないですな。

|

« シビック TYPE R (FL5)(その15) | トップページ | 30MS SIS-Tc20g ツキルナ=ディアース(イノセンテフォーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シビック TYPE R (FL5)(その15) | トップページ | 30MS SIS-Tc20g ツキルナ=ディアース(イノセンテフォーム) »