2019年5月16日 (木)

アズールレーン(その16)

20190515a_r
 イベント「仮想繋げし共時性」、終了。
 今回は、辛かった(´・ω・`)
 まぁ辛いと言っても建造(ガチャ)が辛かっただけで、イベント海域は全然問題なしでしたけど。

 今回の建造(ガチャ)は「仮想繋げし共時性」と「母港脱出大作戦?」の2本立てで、それぞれ別の建造(ガチャ)をしなくてはならず、全力で回すと資金もキューブもカッツカツになるのが目に見えておりました。
 且つ、今月末には「ビスマルク」関連のイベントが予想されており……それに備えてキューブは節約しなければならないという三重苦。

 とりあえず、コラボガチャは今回逃せば復刻はまずないと見て、全力で「仮想繋げし共時性」の建造を回し、70回位でキズナアイを全種揃える。
20190515b_r
 「母港脱出大作戦?」の建造は、そのうち復刻または通常建造に出る予定だそうですし、持っていても図鑑埋めだけで戦力にはならないと判断。
 キューブ節約のため、デイリー報酬がもらえるよう毎日3回のみ建造した結果、
20190515c_r
 みごとにツェッペリンちゃんは取り逃しました(´・ω・`)
 またコレで図鑑100%への道が遠のく……でも、全然精神的ダメージはなく、回せば良かった!という後悔も無。
 ある意味、段々とどーでも良くなってきてます。
 今までずっと限定建造はコンプしてきておりましたが、一度穴を開けると、どーでも良くなるらしく、少し心が軽くもなってます。
 ……そして、そのうち「同じことの繰り返し」に飽きが来て、心離れていくのでしょうな……。

 コラボイベントのキズナアイは、名前は聞いたことがある程度で、興味はないですな、今でも。
 しかし、コラボイベントのキャラに
20190515d_r
 こーゆーウザいことをさせて良いのでしょうか?
 戦闘をオートで進め、他のことをしているとこーゆーお邪魔なことをされて、エライ目に合うこと数度。
 とても好意的にはなれませんな……というか、元々こーゆーキャラなんでしょうか?

 コラボ海域では、ついでに開発艦2期の建造を進める。
 普段使っていない鉄血の主力を海域に出撃させ、先にガスコーニュが完成。
20190515e_r
 フリードリヒ・デア・クローゼも間もなく完成予定。
 ……この2艦を建造するためガチャ数十回分の資金が消滅。

 そーいやアズールレーンを始めて1年半経過……今まで1年半以上遊んでいたソシャゲはなかったような。
 まだプレイすることが面倒には(あまり)なっていないので、まだ暫くは続く、と思われます。
 つーか13章をクリアするまでは辞めないとは思いますが……イベントが続いており、なかなか手を出せません(´・ω・`)

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

アズールレーン(その15)

20190413a_r
 イベント「墨染まりし鋼の桜(復刻)」、終了……orzツカレタ
 本イベントでは、新規限定建造でSR鈴谷SSR伊13が追加されたのですが、全然出なかった(´・ω・`)
 イベント開始から1週間経過、出ず。2週間経過、SRの鈴谷すら出ず。
 資金をフルに建造に回しているにも関わらず、メンタルキューブが減るだけで、出てくるのはNとRが大半。
 ……既に完凸している長門と江風は、更に完凸分が出たんですけどね。
 偏りが酷すぎ。
 残り1週間となったところで、ポロッと伊13、更にその翌日に鈴谷がやっと出……心労が……。
20190413b_r 20190413c_r
 なんとか今回分の新規限定建造が揃いましたが、精神的に宜しくないぞ( ・`ω・´)
 ストレス感じるなら辞めてしまえばいいのですが、一応艦娘のコンプが見えているのでなかなかそうは行かず。
 ついでに、今まで出てなかったアバークロンビー、出ました。
20190413d_r
 コレで通常建造で出ていないのは、U-81とコンコード、のみ……アバクロ出たのでますます辞められない。

 とりあえず、出るもの出たので、後は艦隊運営の健全化を。
 資金をフルに建造に回したため、スキル育成の教科書が枯渇、食糧も買えずその分燃料→カレーに変換せざるを得なかったので、海域にもあまり出られず育成が滞る始末。
 研究にも資金が回せなかったので、開発艦の育成が進まず、と思ったら志向型強化ユニットがイベントで手に入ったので、丁度全員強化レベル30になりました。
20190413e_r
 うまいこと第二期開始前までに済んだよ( ・`ω・´)

 概ね、することはしているので、しばらく、といっても1週間かそこらですが、13章に向けて各艦娘を育成し、メンタルキューブを貯めるだけの虚無レーンをのほほんと楽しみますか!

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

アズールレーン(その14)

し Z2、やっと落ちた(´・ω・`)ので、イベント「輝ける峡湾の星」終了。
20190317_r
 SP3を60周したら、信頼度も貯まってハンターとハーディが入手出来、ついでにそれまでにZ2も落ちるだろうと思っとりましたが、結局80周位かかってしまった。
 まぁ途中から親密度と紫パーツ稼ぎも兼ねて周回しており、割と低燃費で回していたのでそれ程苦にもならなかった、と言えるのはZ2が落ちたから。
 これで80周超えても落ちてなかったら、心身ともにキツかったですな。
 落ちるもの、ガチャるもの、期間限定ですのでヒジョーに精神的に辛い→やめりゃぁいいじゃん。

 さて。
 今週のメンテナンス以後、ついに13章が追加されるとか。
 ……放置ですな、しばらく(´・ω・`)
 レベル120以上のキャップが開放されることもまだなさそうなので、今の体制で出撃するとまず間違いなく返り討ちに合うことは必須。
 12章開放時もしばらく様子見して、あまりにも他にすることがなかったので手を出した、ハズ。
 12-4を安全海域にするまで何度もやり直しをしており、苦労したというかストレス溜めまくったので、レベルキャップ開放まで、情報収集し、体制を整えてから挑んでも遅くはないでしょう。

 ヒトバシラー待ちですな( ・`ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

アズールレーン(その13)

20190110a_r
 イベント「縹映る深緋の残響」、だいたい終了……その前に漢字が読めねぇ(´・ω・`)
 今回は、SSR天城の建造が沼った(多分120回位)以外はそれ程苦労はせず。
20190110b_r
 SSR加賀(戦艦)は、はじめのうちに海域でドロップしたため、イベント補給もラクラクでしたし。
20190110c_r
 現在、デイリーで稼げる分で残りのイベント補給を取得中。

 なので、通常海域に戻ってますが、やってもやっても終わらないのが「キャラストーリー」。
 12月のイベントが始まる前に一応終わらせた(※除コンコード)のですが、直ぐに追加、しかも4キャラ。
 早いところ終わらせたいのですけど、親密度を上げるのが超面倒なため、最新4キャラが現在進行系。
 コレ、終わった頃にはまた追加されますな。
 親密度を上げるために秘書艦にしているため、好きなキャラを秘書艦に出来ないジレンマ。
 このシステム、どーにかならんのでしょうかねぇ?
 親密度を上げるため、海域1-1を延々と回す気はないですし。

 今回も限定キャラを全て取得したため、アズレンはまだ続きますな。
 ヲレの嫁ことレパルスさんは、
20190110d_r
 ココまで育成しとります。
 ……はよレパルスにケッコンスキン来ないかしら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

アズールレーン(その12)

20181213a_r
 イベント「夢幻の邂逅」、やっと終了。
 限定建造艦は早々にコンプ出来ましたが、イベント補給品の回収に時間がかかり、イベント最終日でなんとか終了。
20181213b_r 20181213c_r
 今回は、イベント海域の1周あたりの交換用ポイントが少なかったですな。

 イベント海域に出現する敵のレベルが割と低めのため、前衛を鉄血orユニオンで固めてそれぞれローンとサンルイの経験値稼ぎもしてました。
 ローンは完済、サンルイもいいところまでいけました。
 イベント海域以外、他にすることもなく、育成してまで使いたい艦娘艦船が特にいないので、改造に手を出し、マスを埋めております。

 改造のコンプを目指し始めたところ、全艦娘艦船のコンプも見えてきました。
 限定建造艦で所有していないのは「太原」のみ。
 通常建造で所有していないのは、アバークロンビー、伊19、U-81、デイズ、コンコードで、これらはそのうち出るでしょう。

 最近、アズレンを続けられているのは、コンプ症のせいかもと気がつく。
 今まで遊んでいたソシャゲは、大概サービス開始からしばらく経っていたもので、ユニットのコンプは難しかったのですが、アズレンは割と早めに始めましたし。
 それと、いわゆるガチャも緩い……かなり緩いですな、ためコンプがそれ程難しくない。
 コンプしてしまえば、今後はその状態を維持するために続ける、という循環に陥る。

 こうなると、一度でも一隻でも限定建造艦を逃したりしたら、その時点でモチベが切れ、ぶっつりとアズレンを辞めてしまいそうですな。
 まー、イベントと言っても同じことの繰り返しですし、コンプしたまま飽きちゃうかもしれませんて。
 何時まで続けるのかな、アズレン(毎度毎度)。

 そうなる前に「オレの嫁」ことレパルス(別名「負けヒロイン」)をLv120+余剰経験値300万+好感度200を目指すべく、出撃!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

アズールレーン(その11)

20181105a_r
 イベント「闇に堕ちた青き翼」終了(`・ω・´)
 まだ期間はありますが、所定の目的を達成したため、これにて終了。

 イベント補給は、ボックスタイプのガチャ形式ですが、案の定沼る(´・ω・`)
 第三段階で目玉のSSRノースカロライナが出ねぇ。
20181105b_r
 結局、ほぼ底引きのここまで引かされました。
 10月中には終わったのですけど、相変わらずボックスガチャは底引きが見えるまで引き伸ばされる仕様となっております。
 ……素直な抽選ではなく、目玉SSRについてはどんな状態でも2%の確率があるような気がしてなりません。
 まぁボックスガチャなので、底まで引けば必ず出ますし、必要なBスターもそれほど多くないので、そこまで苦しくはなかったのですけど。

 更に沼ったのはSSRミネアポリス。
 限定キャラ9体中、建造のみは5体で、うち4体はイベント3日目までに確保……その後、ずーっとミネアポリスが出ん。
 500個近くあったキューブは300個を割り(開発研究に回した分も含みますが)、資金も底をつく。
 メール貯金や新兵任務で残していた資金も消え、さーて困ってしまい装備の強化、ユニットの突破、開発研究など建造以外での資金使用を中止。
 普段はしない10時間委託に手を出して資金を稼ぐことに。

 で。
 本日、なんとかミネアポリス、Get。
20181105c_r
 ……なーんでソシャゲ如きでストレスを感じなければならないんですかね(´・ω・`)
 まぁ、アズールレーンのガチャはかなり凄まじく「ゆるーい」とは思っているんですけど、ゆるく感じているだけに出ないとストレスになるのかも。

 ついで。
 イベント前に12-4を周回していましたら鳥海さんが、
20181105d_r
 こんなことに。
 1体出るまでかなり時間がかかりましたけど、出てしまえばあとはガバガバというか既に完凸分を超えました。

 毎度アズールレーンでエントリするたび、さて何時まで続けるのかな!?と思うのですが、さて今後も何時まで続けるのやら、と。
 イベントが終われば、また12-4に引きこもりますが、燃料を減らすのが面倒なので10時間委託も活用しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

アズールレーン(その10)

 鳥海、出ちゃった(´・ω・`)
20181005a_r 20181005b_r
 12-4の攻略を開始してからかれこれ1ヶ月、Lv115の明石がLv120+まもなく余剰経験値300万expになるくらい周回してやっと。
 しかし、出なければストレスがあり、出たら出たで虚無感が来るもんで。

 ……さて、これから先、ナニをしていけば……。
 特に攻略すべきイベントもなく、「再誕の暁 」でアヴローラも取りましたし、サンディエゴのUR改造も終了。
20181005c_r 20181005e_r
 「戦え!ロイヤルメイド隊」でパーツ集め&レベリングで12-4を周回するくらいしか……ま、それで十分ですな。
 ソシャゲでアタマを悩ます必要もなくハムハムした方が楽ちん。

 で。
 正直、今まで各艦娘の声優さんには特に興味もなかったのですが、
 伊勢の改造で、声優さんが田村睦心であることを知り、はて……小林さんじゃないけ!
 もしかすると小林さん以外も……メイドラゴンキャラの声優さんが出演されてました(`・ω・´)
20181005d_r
 ちょろゴンず+αで艦隊を組んでみた(演習防御艦隊ですが)
 伊勢改→小林さん(田村睦心)
 時雨→トール(桑原由気)
 ラフィー改→カンナ(長縄まりあ)
 Z18→エルマ(高田憂希)
 あとはルコア役の高橋未奈美さんが参加してくれれば……。
 あ、ファフくんと滝谷くんはどーでもいいです。

 別の楽しみを見つけてしまいましたな(`・ω・´)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

アズールレーン(その9)

 現在アズレンは、イベント「軍神の帰還」「三笠大先輩のミニ博物館」「饅頭大作戦」が開催中ですが、わらしはあんまし関係なく海域を攻略しております。
 ……海域やっとれば自動的にクリアできるミニイベント、とも言えます。

 で。
 ついにオートで12章全てをクリア!
 ★を埋め、海域危険度も最低まで下げることが出来ました……根性という名のリセット(撤退→出撃)の繰り返しでしたが(´・ω・`)
20180901a_r 20180901b_r
 12-3も12-4も道中はそんなに難しくないのです(時々あっという間に溶かされることもあります)が、ボスが凶悪。
 ボスの出現場所は「だいたい」決まっているので、ボス出現場所に潜水艦の範囲が被るまで撤退の繰り返し。
 且つ、道中攻略した後は、ボスが潜水艦の範囲に出る、ように祈る。
 更にどう見ても負けそう、ダメっぽかったら「撤退!」を繰り返し、なんとかクリア。
 ……そーでなければオートでは無理です(´・ω・`)
 まぁ4回か5回に一度勝てれば良い方な戦績でした。

 攻略開始時、オートでは無理っぽかったので手動でやってみましたが、オートよりもさっくりヤラれたので、それ以降手動操作はしとりません。

 ちなみに12-4のボス戦用艦隊はこんな感じ。
20180903_r
 12-3のは、主力が長門赤城加賀で、前衛部隊は……なんだったか……コロンビア、ポートランド改、最上改、ベルファスト、ヘレナあたりを組み合わせていた、ような(記憶無、スクショ無)。

 海域の危険度を最低にまで落とすと、オートでも楽々S勝利が出来ますな。
 レベリングも捗りますので、レギュラーメンバーをLv120まで育て、更に蓄積経験値300万→第13章とLv130開放にそなえてひたすらレベリング。

 あ、隼鷹(12-3)、鳥海(12-4)がまだ出てないや……レベリングしていればそのうち出るか、というか出す!(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

ASUS MeMO Pad 7(ME572CL) その7

 長らく役割も与えられないままタンスの肥やし状態だったME572CLに新たなお仕事が。
 アズールレーン専任タブレットとして復活しました。
P1020058_r
 今後、ガラケー(通話)とスマホ(データ通信)をそのうち購入予定のDSDSのスマホで一本化する予定ですが、そーなると電話もネットもゲームも端末一つでするにはバッテリーが困る。
 ゲームのやり過ぎで電話が使えなくなったら困りますし。
 で、自宅内でゲームするには暇を持て余しているタブレットにその任を与えると。

 欲しくて購入したタブレット(ME572CL)ですが、実はあんまり使ってませんでしたな。
 よく使っていたのは実家に貸し出していた頃の親でしたし。

 CPUがAtom Z3560(1.83GHz)のME572CLでもアズールレーンはサクサク動きます。
 が、メモリが2GBのためなのか、アズレンをプレイしている時に他のアプリを起動させると高確率でアズレンが落ちます……メモリが足らんよーで。

 ME572CLでアズレンが問題なく動いたため、今後購入予定のスマホに影響が。
 SD845のハイエンド機か、SD636のミドルハイエンド機にするかで悩んでおりましたが、アズレンが動くのであればミドルハイエンドでも十分かなと。

 アズールレーンは、12-2をクリアし、海域危険度を安全海域まで下げられました。
20180820a_r 20180820b_r
 ついでに飛鷹も落ちました。
 12-3はまだ行っておりませんが、かなりエゲツないらしいので、しばらーく12-2でレベリングですな。

 とりあえず、ボス用艦隊の艦娘達が全員Lv120になるまで、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

アズールレーン(その8)

20180808_r
 イベント「光と影のアイリス」終了。
 毎度途中で回収するものは回収して見切りをつけておるのですが、今回は最終日までptを稼いでおりました……燃料が切れるまで周回していたのに思ったよりもptが集まらないんだもの。
 若しくはイベント補給品が何時もより多いのか高価なのか?
 一応、ル・マルス(海域で落ちた)と装備箱以外はなんとか交換に間に合う。

 期間限定建造キャラはとりあえず全部出ました……SSRマサチューセッツは1つのみでしたが。
20180809_r
 某掲示板で強い強いと評されたジャン・バールを育ててみる……MVP連発でイベント期間中にLv100超えてしまった。

 イベント海域で交換ptを稼ぎつつ、12章対策で必要そうな艦娘キャラを育成してましたんで、イベ終了→12章にリベンジ。
20180809c_r 20180809d_r
 道中とボス用がこんな編成。
20180809b_r
 なんとか12-1のボスを倒せてますが、安定してS勝利は出来ず……周回重ねているうちに危険度が下がり、S勝利も出来るように。
 危険度を下げきったので、しばらく12-1でアズレンwikiのオススメ艦船を参考に編成と育成するかの!

 なんらかんらで到達すべき目標が有り、それを達成すべく時間をかけているということはハマっているということであり……。
 わらしは、いつまで続けるのでしょうか、アズレンをっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)