2018年3月26日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.120

 今号は「三菱・ランサーエボリューション IX」です。
P1010828_r
 ランエボIXはコレ以来2回目です。
P1010829_r P1010830_r
 さて、2013年3月から定期購読を始めたラリーカーコレクション、今号で最後です。
 120号に至るまで約5年、とりあえず「終わった」。
 最近のラリーカーってラインナップに出てこないんだな→公式HPによると2011年までのラリーカー(公式)だそうです。
20180326
 ……ポロは何年のラリーカーなんだよ。

 定期購読中、当然ミニカーは毎月増殖し、DVDやらBDを収めていた本棚からそれらが消えてミニカーが占領。
 ……いつの間にやらDVDはともかく、BDも購入鑑賞しなくなりましたな、そーいや。
 BD鑑賞以外にも趣味が変わっていったのか、J SportsのWRCもながら観になり、DiRT RALLYも最近飽きぎみでハンコン握ってません。
 ラリーカーのエアロが派手になり、エンジンパワーが上がったのも、WRCの人気が下降しているから、とも聞きますな。
 そのうちまた気が変わるかもしれませんが、WRCの視聴も今年いっぱいで一旦休止しようかな、などと考えております。

 ともあれ、とりあえず「隔週刊ラリーカーコレクション」、これにて終了!
 ……月2回の定期エントリも消滅(´・ω・`)
 さーて、そろそろ撮りためていた旧名寄線駅跡訪問でも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.119

 今号は「シトロエン・DS3 R3T」です。
P1010743_r
 シトロエン・DS3  R3Tは、シトロエン・DS3をベースとし、その名のとおりR3T規定のラリーカーです。
P1010744_r P1010745_r
 R3Tの車両規定は、排気量1620cc以下4気筒以下のターボ付きガソリンエンジンの前輪駆動車、です……ブックレット読んでもよーわからん位細かく規定が分かれておりますな。
 あんまり規定を細かくしすぎると、そのカテゴリに出場するクルマの数が減って、参加して完走するだけでポディウムとかありそうな。

 モデライズされたH.ハント選手は、このラリーカーでWRC、IRC、ERCに参戦しました、があまりリザルトは芳しくなかったようです。

 次号は「三菱・ランサーエボリューション IX」です。
 遂に、最終号です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.118

 今号は「プジョー・206 WRC」です。
P1010739_r
 ミシュランの青と黄色、トタルの赤のトリコロールカラーにビバンダム、という派手派手なカラーリングが特徴的な2002年のラリーGBでV.ロッシがドライブしたクルマをモデライズしております。
P1010741_r P1010742_r
 ……カラーリングセンスがあるんかないんか……わらし的には「有」
 シルバーとレッドのコレ、レッドとホワイトのコレ、と比べても十分以上にインパクトのあるカラーリングで好きですな。
 ま、ラリーの結果は伴わなかったようですが。 

 次号は「シトロエン・DS3 R3T」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.117

 今号は「トヨタ・カローラ WRC」です。
P1010694_r
 コレのリデコ品で、2000年ツール・ド・コルスでS.ローブがドライブしたマシンです。
P1010695_r P1010696_r
 今年のWRCも既に開幕し、初戦はオジエが優勝、2位3位にトヨタが入賞しております。
 わらし的には、フォードがバックに付いたオジエ+Mスポーツにどれだけトヨタが食い下がれるか、が目玉ですな。
 昨年のように優勝者が乱立することにはならない気がしますが……そうなってくれたらどんなに面白いか!

 次号は「プジョー・206 WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.116

 今号は「シトロエン・DS3 WRC」です。
P1010691_r
 コレコレのリデコ品で、今号のは2011年ラリー・ドイチェランドでペター・ヴァン・メルクシュタインJrがドライブしたマシンをモデライズしております。
P1010692_r P1010693_r
 ……色違いのリデコ品ばかりでなく、もっと他のラリーカーをラインナップに載っけてほしいもんですが。
 例えば、セリカ(ST205)とかインプレッサ(GDA、GDC)とか……ランエボIVもありませんな。
 まぁ版権の問題なのでしょうが。
 あと4号でお終いなので無理でしょうけど。

 次号は「トヨタ・カローラ WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.115

 今号は「ルノー・11 ターボ」です。
P1010570_r
 ルノー・11 ターボは、ルノーがグループAマシンの規則下で開発したラリーカーです。
 ベース車の1.4リッター直四ターボエンジンを185馬力にチューンし、フルタイム4WD全盛時にルノー・11 ターボは前輪駆動車でありながら、1987年の第3戦ラリー・ポルトガルでは総合2位を獲得。
 これは、フランス人ラリードライバーのジャン・ラニョッティによるものでした。
P1010571_r P1010572_r
 正直、あんましカッコよいクルマには見えません(個人の感想です)が、派手なエアロも付いていない極普通のクルマにしか見えないクルマが爆走するっていうシチュエーションは大好物です。
 羊の皮をかぶった狼が好みですな。

 次号は「シトロエン・DS3 WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.114

 今号は「フォード・フォーカスRS WRC07」です。
P1010566_r
 No.19No.84No.107に引き続き、通算4回目のフォーカスRSです。
 ……何故かグロンホルムのフォーカスがラインナップに載らない不思議。

 流石に4回目ともなりますと、付属ムックにも車体解説らしい解説はなく、出走順操作バトルだけで紙面が埋められております。
P1010567_r P1010568_r
 出場ラリーは違いますが、昔買ったコレと同じカラーリングです。
 ……出来、完成度が全然違いますが。ま、アレはシリアルナンバー付の限定品でしたし。

 次号は「ルノー・11 ターボ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

隔週刊ラリーカーコレクション No.113

 今号は「ミニ・ジョンクーパーワークスWRC」です。
P1010538_r_3
 コレコレのリデコ品かな?と思われますが、ルーフ部のアンテナなどの部品が違っとりますので一応2012年仕様、なのかも。
P1010539_r P1010540_r
 冊子を読むとその当時のミニのぐっだぐたな状況が分かりますな。
 ・ 2011年BMWの承認を受けたイギリスのプロドライブ社がミニのワークス活動を開始
 ・ 2012年の第2戦からワークス活動の権利がモータースポーツ・イタリアに移行
 ・ 2012年の第9戦からチームの権利を持っていたA.アラウジョが解雇される(は??)

 少なくともターマックでは速く、そのユーモラスなカタチが結構好きなわらしとしては、ミニの活躍がもっと見たかったですな。
 WRCも色々なメーカーが参戦してこそ、と考えていますが、現実は難しいようですな。 

 次号は「フォード・フォーカスRS WRC07」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

隔週刊ラリーカーコレクション No.112

 今号は「シュコダ・ファビア S2000」です。
P1010535_r
 2012年ラリー・スウェーデンに出場したS.オジエがドライブしたモデルで、No.63のリデコ品と思われます、のでクルマについては略。
P1010536_r P1010537_r
 WRCに参戦するにあたり、各パーツの開発、メカニック等の育成、等の目的のための隠れ蓑っぽいクルマです。
 グループ傘下のシュコダとは言え、大きくVWのマークを付けるわけにもいきませんが、
 ・ VWモータースポーツのテーマカラーであるブルーとグレーのストライプ
 ・ メインスポンサーのレッドブル関連のスポンサーである「ウイングス・フォー・ライフ」
 等「さりげなく(冊子記載の表現)」VWであることをアピールしてます。
 まぁ、「VOLKSWAGEN GROUP SUPPORTS」ってフロントガラスに入っちゃってますが。

 オジエは、ファビアS2000でWRC12戦に参戦し、そのうちクラス優勝10回、総合でもSSベストタイムを刻むなど、翌年の彼とVWの活躍を暗示させる成績を残しました。

 次号は「ミニ・ジョンクーパーワークスWRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.111

 今号は「フィアット・アバルト・グランデプントS2000」です。
P1010507_r
 №58のリデコ品で、2009年ラリー・フィンランドに出場したライコネンのクルマです。
P1010508_r P1010509_r
 F1からキター!!でしたが、微妙な成績を残していつの間にかいなくなってしまいましたな。

 WRC2017年シーズンも終了しました。
 結果は……予想を完全に嬉しい意味で裏切られまくりな展開でヒジョーに面白かったですな。
 VWが撤退、オジエがMスポーツに移籍、な点である程度ゴタゴタというか乱戦になれば「いいな」ではありましたが、
 オジエ2勝、ヌービル4勝、タナック2勝、ラトバラ1勝、エヴァンス1勝、ミーク2勝、ラッピ1勝
 と、優勝者が7名も出るなんて、誰がこんな展開を読めたでしょうか。

 来シーズンは、さてどーなりますやら。
 今シーズンのようにある意味ごったごたな展開になれば、面白いんですけどね!

 次号は「シュコダ・ファビア S2000」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧