2019年2月15日 (金)

フジミ フェラーリ641/2

 フジミのフェラーリ641/2、完成。
P1020360_r P1020362_r
 ほぼガレキのロータスtype-101に比べりゃ組み立てはカンタンだろー!と思っとりましたが「全然」
 サスペンションの組み立てが面倒だわ、エキゾーストマニホールドの組み立ても面倒だわ等、全体的に面倒が多いキットです。
 他には、モノコックとエンジン部分を直接つなぐものが無いのに、パイプをそれぞれに繋げさせてからエキゾーストマニホールドを取り付けて、アンダートレイに載せるとか。
 タイヤ・ホイールは差し込みだけだとか、不満だらけなキットでした。
 ぐわー!メンドクセーな上に、ポリキャップまで無くす始末。
P1020355_r
 ポリキャップは余っていたガンプラのポリキャップを加工して難を逃れました。
 組んでて嫌になるキットでしたが、まー完成まで至りました……641/2でなければ、途中でぶん投げてましたよ、きっと。
P1020363_r_2 P1020370_r P1020364_r_2
 簡単だったのは、イタリアンレッドを吹いたことくらいで、他には思いつかない記憶ない。
 基本カウルを外しての展示はしないので、エンジンなどの内部構造の塗装はヒジョーに手抜きでセミグロスブラックを吹いただけ。
 マンセル仕様にするため、他社のデカールを使用しております……というかそのつもりで買ってますし。
 んが、ウインドシールドがプロスト仕様のまんま。
 他社製でマンセル仕様のウインドシールドが販売されておりますが、バキュームプレスのパーツ1個が2000円では買う気も起こらず。

 それにしても、ヘッドレスト付近のカウルの分割が意味不明。どーしてこーなっている?
P1020371_r
 手持ちの資料を見てもこんな分割になっているモノは見当たらないぞ。
 それともわらしが知らないだけか(´・ω・`)

 スケールモデルと比べるのは間違いではありまするが、つくづくガンプラ及びバンダイの技術力は凄いなと。

 そーいや、昔F1ブームの頃、ウイリアムズFW11から始まり、ティレル020あたりまで購入組み立てしましたが「どんな感じで作っていたのか」全然記憶無い。
 ガンプラでいうと、まずランナーからパーツを全部切り取り、サフ吹き塗装してから組み立て、デカールを貼ってつや消しクリアを吹く、という工程でやっとりますが、昔F1カーを 作っていた時、どーやっていたんだろ?
 猫の手もなく、エアブラシもないから缶スプレーで塗装してましたけど、パーツ1個1個塗装していたのか、ランナーまるごと塗装していたのか、それともある程度組んでから塗装していたのか……。
 ……まぁ、今となってはどーでもいいことですが、ふと気になりまして。

 非常に面倒なキットです(個人の感想です)が、やはり641/2は美しい。
P1020366_r
 それこそ昔々、ハセガワ製1/24キットやタミヤ製1/12を組んだりするくらい641/2は好きですな。
 その当時、1/20がなかったのでタミヤ製F189後期型をベースにして641/2に改造してみたりもしました。
 わらし的にはF1カーとしては1、2を争う美しさと思っとります。
 シンプルで美しく、余計なモノがない……レギュレーションのスキマを抜ける小さなウイング類をつけだしてから、F1カーは不格好というか美しさが失せましたな。
 マンセル引退以降、F1はほとんど見てないので、時折ナニかで最近のF1カーを見かけますけど、カッコいいとか美しいとかは全く感じることがないです。
 なので、F1に興味が湧くこともなく。
 ……92年にマンセルが引退後F1は見ていないので、マンセルが一時F1に復帰して勝利したことも最近まで知りませんでしたし(´・ω・`)

 次は、そのマンセルのFW14Bです。
 タミヤのニューマンハースローラ、再販されないかしら……売れないし版権の関係から無理か(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

STUDIO27 1/20 Type 101(その5)

 ロータスType 101、完成。
P1020344_r P1020345_r
 ……タイヤは接地してないわハの字だわ、リアウイングは傾いているわ、と見栄えのヒジョーに悪い出来ですが、出来ないよりはマシだろ、と。
 とりあえず完成っぽいところまでイケただけで、十分満足、というかもうコレ以上、無理(´・ω・`)
P1020346_r
 タイヤは、フジミのNo.24 レインタイヤ(ロータス用)を使用。
 多分、No.25 レインタイヤ(MP4/5用)を使うのが良いのでしょうが、何処にも在庫なし。
 そのうち再生産されたら、買って交換するかもしれません。
 タイヤの「Goodyear」マークは、付属のデカールを貼り、その後デカール保護のためつや消しクリアを吹いてみたら、乾燥後パリッパリに。
 で、どーすべか……タイヤ用のテンプレートってのがあることを知り、取り寄せて、ホワイトを吹く。
 ぼやっとしたマークになってしまいましたが、まーコレはコレでやむを得ません……一事が万事、この調子なので出来上がるモノの完成度もその程度。
P1020348_r P1020349_r
 ホイール用のピンは緩すぎて使い物になりません。
 ロータス102B用のネジを流用しております。

 説明書には明記されていませんが、カウルを固定するピンか何かのエッチングパーツは全て未使用。
 だいたい付属の説明書は不親切というか、ロータス102Bから持ってくるパーツの番号も間違っている(多分)部分もありますし。

 ホコリを被らせるのも何なんで、タミヤのディスプレイケースCに格納。
P1020350_r
 ……うーん、台座が寂しい。
 ロータスType 101なので、雨に濡れたアスファルト地にしたい→そんな都合の良い壁紙等は見つからず。
 こっちもそのうちなんとかしたい、のですが多分そのまま放置でしょうな。

 さて、次は赤い跳ね馬の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

STUDIO27 1/20 Type 101(その4)

 「うっかりすると年内に完成かも?」→しませんでした(´・ω・`)
 まーおそらくというよりも間違いなくDQ11にハマっていたため、放置してました。
 そのDQ11が終わったのでちまちま作成再開。

P1020331_r
 フロントセクションを組み立て……絶対にアライメントが狂っておりますが、そこを細かく調整する技能もなく忍耐力もありませんので放置。
 とりあえず完成までもっていかないと、途中で組立自体を再度放置する可能性がありまするので。

P1020332_r
 折角なので、シートベルトはタミヤのFセットをつけてみました。
 ……老眼掛かり気味のお目々では辛いぞ。ついでに手先も思ったとおりに動かなくなっておる。
 こうやって加齢を感じるわけですな。
 ついでになんの目的で付いているかわからないベルトが一つ行方不明になってしまいました(´・ω・`)

P1020333_r
 ラジエター辺りはテキトーに取り付ける……説明書では図解も何もなく、単にココにこのパーツとしか表示されていないんですもの。
 ネットでロータス101の画像を探しましたが、見当たらず。

 とりあえず、各パーツを組んでみる。
P1020335_r
 ……それっぽくなりましたな。
 いよいよ、次回、完成、か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

STUDIO27 1/20 Type 101(その3)

 ちまちま組んでおります。
 付属のデカールをペタペタ……でっかいキャメル文字の貼り付けは、リアカウルのエンジン部分が困難。
 マークソフターがないので、マークセッターで無理くり貼りましたが、見た目はそれほど悪くはない模様。
 ……もうここに至っては、とりあえず形にする、完成させることが重要でして、完成度はどーでも良いんです。
 でないと、コレみたいに放置しますし、わらし。
 デカール貼った後、Mrカラーのクリアを薄く、繰り返し繰り返し吹く……途中、余っていた缶スプレーを吹いたらつや消しだったorz
P1020247_r
 しかし、これはこれで落ち着いて見えるのでいいかも。
 まだクリア吹きは途中なので、最終的にどーするかはのほほんと考えましょう。

 リアセクション部の組み立て……困難。
 説明書では分からないことが多く、仮組みしたりもしましたが、ある程度固定させないと先に進めなくなるので、あーこれはココだろうと予測を立ててテキトーに決め撃ち。
 タミヤ ロータス102Bの説明書を参考にしながら、なんとか組み立てる。
P1020243_r
 多分、コレでいいハズ、余った部品はないハズ。
 もしかしたら参考になる、かもしれないので画像貼っときます。
P1020244_r P1020245_r P1020246_r
 ……何故、瞬間接着剤はパーツ同士はくっつかないのに、パーツと指、指と指はカンタンにくっつくんですかね(´・ω・`)

 タイヤがちゃんと接地するのか、且つ上から見ても正面から見てもハの字になってないか、については、神のみぞ知る。
 まぁ、全体を組み立てて曲がっていたら「強引」に修正しますが。

 フロントセクションは、ボディ部のクリアが乾燥してからの予定です。
 ……暫く放置していたことなのに、手を付けると、なんとなくトントンと進みますな。
 「案ずるより産むが易し」とか「ヤル気はヤラないと出ない」という格言がありましてな。
 うっかりすると、もしかしたら、年内に完成するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

STUDIO27 1/20 Type 101(その2)

 まるっと1年放置状態でしたロータス101STUDIO27の「Type 101」、組み立て再開。
 一応、途中まで組み立てておりましたが、案の定面倒くさくなり、放置。
 最近、やっとガンプラ制作に区切りというか一段落つきましたので、ガンプラ以外で放置しているブツに手を出し始めました。
 積んでいるのがF1が2台、クルマが1台、その他……ガルパン3周目見終わったら戦車も組みたくなって困。

 とりあえずメタルプライマーとサーフェイサーを吹いてみました。
P1020227_r
 ……1年近く放置していたのでホコリが酷→そのまんま吹いたので更に悪化。
 表面処理を多少してからキャメルイエロー吹くか……完成するビジョンが見えねぇ(´・ω・`)

 いっその事、ロム特注スパーク製1/18 ロータス 101買ったほうが早い、だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.120

 今号は「三菱・ランサーエボリューション IX」です。
P1010828_r
 ランエボIXはコレ以来2回目です。
P1010829_r P1010830_r
 さて、2013年3月から定期購読を始めたラリーカーコレクション、今号で最後です。
 120号に至るまで約5年、とりあえず「終わった」。
 最近のラリーカーってラインナップに出てこないんだな→公式HPによると2011年までのラリーカー(公式)だそうです。
20180326
 ……ポロは何年のラリーカーなんだよ。

 定期購読中、当然ミニカーは毎月増殖し、DVDやらBDを収めていた本棚からそれらが消えてミニカーが占領。
 ……いつの間にやらDVDはともかく、BDも購入鑑賞しなくなりましたな、そーいや。
 BD鑑賞以外にも趣味が変わっていったのか、J SportsのWRCもながら観になり、DiRT RALLYも最近飽きぎみでハンコン握ってません。
 ラリーカーのエアロが派手になり、エンジンパワーが上がったのも、WRCの人気が下降しているから、とも聞きますな。
 そのうちまた気が変わるかもしれませんが、WRCの視聴も今年いっぱいで一旦休止しようかな、などと考えております。

 ともあれ、とりあえず「隔週刊ラリーカーコレクション」、これにて終了!
 ……月2回の定期エントリも消滅(´・ω・`)
 さーて、そろそろ撮りためていた旧名寄線駅跡訪問でも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.119

 今号は「シトロエン・DS3 R3T」です。
P1010743_r
 シトロエン・DS3  R3Tは、シトロエン・DS3をベースとし、その名のとおりR3T規定のラリーカーです。
P1010744_r P1010745_r
 R3Tの車両規定は、排気量1620cc以下4気筒以下のターボ付きガソリンエンジンの前輪駆動車、です……ブックレット読んでもよーわからん位細かく規定が分かれておりますな。
 あんまり規定を細かくしすぎると、そのカテゴリに出場するクルマの数が減って、参加して完走するだけでポディウムとかありそうな。

 モデライズされたH.ハント選手は、このラリーカーでWRC、IRC、ERCに参戦しました、があまりリザルトは芳しくなかったようです。

 次号は「三菱・ランサーエボリューション IX」です。
 遂に、最終号です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.118

 今号は「プジョー・206 WRC」です。
P1010739_r
 ミシュランの青と黄色、トタルの赤のトリコロールカラーにビバンダム、という派手派手なカラーリングが特徴的な2002年のラリーGBでV.ロッシがドライブしたクルマをモデライズしております。
P1010741_r P1010742_r
 ……カラーリングセンスがあるんかないんか……わらし的には「有」
 シルバーとレッドのコレ、レッドとホワイトのコレ、と比べても十分以上にインパクトのあるカラーリングで好きですな。
 ま、ラリーの結果は伴わなかったようですが。 

 次号は「シトロエン・DS3 R3T」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.117

 今号は「トヨタ・カローラ WRC」です。
P1010694_r
 コレのリデコ品で、2000年ツール・ド・コルスでS.ローブがドライブしたマシンです。
P1010695_r P1010696_r
 今年のWRCも既に開幕し、初戦はオジエが優勝、2位3位にトヨタが入賞しております。
 わらし的には、フォードがバックに付いたオジエ+Mスポーツにどれだけトヨタが食い下がれるか、が目玉ですな。
 昨年のように優勝者が乱立することにはならない気がしますが……そうなってくれたらどんなに面白いか!

 次号は「プジョー・206 WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.116

 今号は「シトロエン・DS3 WRC」です。
P1010691_r
 コレコレのリデコ品で、今号のは2011年ラリー・ドイチェランドでペター・ヴァン・メルクシュタインJrがドライブしたマシンをモデライズしております。
P1010692_r P1010693_r
 ……色違いのリデコ品ばかりでなく、もっと他のラリーカーをラインナップに載っけてほしいもんですが。
 例えば、セリカ(ST205)とかインプレッサ(GDA、GDC)とか……ランエボIVもありませんな。
 まぁ版権の問題なのでしょうが。
 あと4号でお終いなので無理でしょうけど。

 次号は「トヨタ・カローラ WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧