2024年5月30日 (木)

Figure-rise Standard あばたーふみな

P1080920_r
 あばたーふみな、完成。
P1080919_r P1080917_r
 可愛らしいですな。
 コレを見てしまうと、以前から発売されているHGBFの某ふみなシリーズは邪神像とその眷属ですな。
 HGBFシリーズは、どうやったら可愛らしく改造できるか!?を買う前に考えてしまい、どーやっても可愛くならないということで見送ってました。
 そもそも、改造前提で買うのが間違っておりますわ。
 まぁ、お顔や瞳の色分けもパーツ分けで再現できないか?的な構想でバンダイ的もあれこれ実験していたのではないかと。
 Figure-riseLABOなんて素直にすげー!って言えますし。つーか今でもコレ欲しい(´・ω・`)売ってない。

 あ、Figure-rise Standardで別のモノもあったのね。
 知らんかったか記憶になかったですわ。
 こっちならまだHGBFより全然マシです。

 で。
P1080921_r
 素体も宜しい……下半身むっちりなのも高得点。
 この素体を流用して新たなモノを開発してくれないでしょうか?
 まぁ、色違いのバリエーションはこれから発売されるでしょうけど……ジオンとかティターンズとか。

 最近、美プラばかり組んでますが、現在もまた某天使の美プラ組んでます。
 それが完了したらしばらくは硬派なプラモを……とりあえずナラティブ組みたい!

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

ガンダムアーティファクト 第4弾

P1080870_r P1080871_r
 飽きたり、挫折したり、心折れたり、放置プレイ時間が結構ありましたけど、一応完成ということで。
 高機動型ザクⅡ(オルテガ機)を赤い彗星っぽく塗装してみました。
 ……デジカメで撮影して細部を見るとヒデー出来だな(´・ω・`)
 この辺がわらしの技術、根気、時間などの限界ですわ。
 まぁ、完成せずに放置するよりはマシだろうで。
 ブレード付きの頭部はガイア機/マッシュ機から貰ってきました。
 黒い三連星を再現する場合、角付頭部は余りますんで。
 バックパックのバー?は組立中に紛失しましたんで、真鍮線で補っております。
 モノアイは、テキトーなクリアなランナーを炙って伸ばし、クリアレッドで塗装。

 で。
 10個入ボックス買っても黒い三連星が揃わないというのはどーゆーこと!?
 当研究所に届いたのは、
 1.高機動型ザクⅡ(オルテガ機)x1
 2.高機動型ザクⅡ(ガイア機/マッシュ機)x1
 3.スーパーガンダムx2
 4.パラスアテネx2
 5.ウイングガンダムx2
 6.トールギスx2
 で、うちトールギスがクリアカラー。
 うちだけではなくボックスで買った方々によると、ザクはそれぞれ1個づつしか入ってなかったらしい。
 ボックス買ったら揃うだろ、普通。
 で、届いた後にやむなく町内のコンビニその他を探索しましたが、そもそもコレを置いている店がほとんど無い。
 あってもザクの在庫は無し……正月に札幌行った時、ヨドバシにも行きましたが、綺麗さっぱりザクだけ無い。

 やはりこの手のボックスものは、手を出さない方が良いですな。
 実際、多少1個当りが割高になっても、メルカリその他で欲しいモノだけ買ったほうが結果的に安上がりになりますし。
 そのメルカリも、オルテガ機が余っています出品数が多いですな。

 さて、とりあえず1個完成しましたが、残りは……気が向くまで放置ですな。
 MGナラティブガンダムとかその他組みたいプラモが積みすぎ&制作能力低下し過ぎ&時間もなさすぎ(´・ω・`)

| | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (23)

P1080778_r
 23巻、配信始まりました。

 で、前回ラストのソーラ・レイ発射からの続きで……その照射が巻の半分くらいまで続くと。
 バリュートでソーラ・レイ発射から身を守る、ってのは斬新というか過去無かった手段ですな……こんなんで防げるんかいな?
 ソーラ・レイ発射時の閃光で、脳デバイスからカーラが手を話した瞬間に、ジト目の僧正。
 →サイコ・ザク軍団を自爆処理し、サイド3の逃亡コロニーを助ける。
 →アトラスガンダムの核発射を察知し、措置。
 僧正が居なかったら逃亡コロニーやビグザムは全滅してましたな。
 となると、さーて僧正はAEだけを滅ぼしたかった、ということになり、無駄な殺傷はしたくなかったのかも?
 でも結局目的は殺戮ですけどね。
 その後、カーラに銃殺されて、退場。

 ブラウ・ブロがソーラ・レイからダリルを守ったのは、中身の人が居たから。
 中身の人は、危険人物が僧正ではなく怪物の母であることを見抜いていたようですけど、僧正は見抜けていなかった。
 一応、コピーというかクローンなのにこの差は一体どこから?
 アレコレ切り離されてますから、欲望とかそーゆーのに阻まれない分、先が見られるのではないかと。

 ジオングの中にも僧正の複製in。
 ニュータイプのクローン、複製は同じくニュータイプであるということは、身体的な機能もコピーできるということでしょうかね。

 しれっと、僧正の死を信者に報告し、ソーラ・レイ第2射の用意=ジオン国民の虐殺準備を続行させるカーラ。
 この人も碌な死に方をしませんな、きっと。

 ダリルは、僧正の意志を継ぐべく再出撃。
 カーラ=ジオン国民の虐殺、ダリル=アナハイムの殲滅。
 ビアンカは捕虜。
 第2ラウンドはこれからですが、更に続けるためにはソーラ・レイの第2射は阻止されそうな予感。
 この会戦後も更に続くようですけど、どんな展開になるのか予想がつかーん!
 ので、次巻以降も楽しみであります( ・`ω・´)

| | コメント (0)

2023年12月21日 (木)

HG ガンダムキャリバーン

P1080511_r P1080512_r P1080513_r
 キャリバーン、完成。
 コレの前に忍者娘を組んでましたが、パーツ無くしたりなんだりで、コレが追いついちゃったという。

 で。
 劇中登場回数が少ない割には結構な活躍で視聴者の心にその存在感を見せたキャリバーンですが、わらしもその一人。
 エアリアル、エアリアル改修版、ファラクト、シュバルゼッテも積んでますけど、やはり最初に組んだのはキャリバーンでした。

 組み立てることで、その造形がわかるのですけど、ナルホド、キャリバーンとはこーゆー機体でしたか→放映時では大体どんな形をしているのか位しかわからんことがほとんどなので、模型を組み立てるということは、それを理解することに繋がる、という考えでもあります。
P1080514_r
 箒に跨った魔女をイメージさせるバリアブルロッドライフル。後端のスラスターはまさに広がった箒といった感じですな。
 登場人物だけでなくMSでも魔女を体現させるとは。
 スタンド付きで、このスタンド、ランナーが無い!で結構衝撃を受けたというか感心したというか。
 折角なので複雑怪奇な模様以外は全塗装するつもりで、メタルグリーンの部分も塗装してみましたが、デカールのほうがきれいだったかも。
P1080515_r
 エスカッシャンという聞き慣れない名称のシールド。
 バラして装着。
P1080516_r P1080517_r
 ……コレ、スラスターに直接突っ込んでいますけど、推進剤は何処から出るようになっているんだろ(´・ω・`)

 そのうちガンダム4機のあのシーンを再現してみたいもんですけど、何時になることやら?
 来年中に実現したい→となると来年は水星の魔女のMSのみ組むことになりそうな。
 MGナラティブガンダムも予約開始されましたし(予約できなかった)、MGシナンジュ・スタイン(ナラティブver.)も予約開始されましたし(同じ(´・ω・`))、組みたいガンプラ等はどんどん増加していく模様……。
 時間とヤル気の管理が大変ですわ。

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

HGUC ガンダムGP03 デンドロビウム

P1080497_r
 HGのデンドロビウム、届いた。
P1080498_r
 ……どーすんだよ、コレ(´・ω・`)
 何時かそのうち欲しいな買いたいな組みたいな、と考えていて、年内に再販される上、今後何時再生産されるか分からなかったため、
予約しておきましたが、デカすぎ。
 PGユニコーンガンダムPGUガンダムの倍くらいの幅。
 引っ越し荷物のダンボール一箱分増えた感じ。

 とりあえず、未開封のまま保管します。
 どーせ組むのであれば、塗装もしっかりウェザリングしてみたいですし。
 今のわらしの技術力、知識では出来そうにないので、他のガンプラその他で腕を磨いてから組みたいので。
 ……中の人(ステイメン)をリバイブとかリニューアルとかで新しく開発してほしいですな。
 流石にフォーマットが古くて……デンドロビウム自体のリニューアルは無いでしょうから。

 あ!組む前に飾る場所を確保、というか新規でコレが入るくらいのディスプレイケースの購入を考えなきゃ。
 うちのブキヤケースにも入らなさそう。
 ……コレだけアレコレ組む条件があるガンプラもそうそうないですな( ・`ω・´)


| | コメント (0)

2023年10月30日 (月)

G.M.G. 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 元ジオン公国軍09 ククルス・ドアン&ブランカ

P1080442_r
 G.M.Gのククルス・ドアン、届く。
 ヘルメットと銃2種、羊が付属してました。
P1080443_r
 一般兵と比べて、色が薄いですな。

 そーいや、まだ劇場版ククルス・ドアンの島、未視聴です。
 何れその内とは考えておりますけど、それが何時になるのやら、さっぱり。
 閃光のハサウェイも未視聴なので、そのうち見たいんですけどね。
 とりあえずSEKIROをなんとかするというか、ある程度飽きるか諦めるかしない限り、時間がとれなさそうです。

| | コメント (0)

2023年10月 3日 (火)

HGUC ナラティブガンダム A装備

P1080396_r
 ここ最近、というか結構以前からガンプラ+その他多数のプラモデルは欲しかったらポチれ!の方針である上、製作能力の低下その他の理由により、積みっぱなしのモノが増殖しまくっており、保管場所にも困る始末。
 とりあえず組める時に組もう、ガンプラ→美プラ→その他、のローテーションで組んでますが、ひとつ組むのに2ヶ月位かかることもあり、増殖スピードに製作スピードが全然追いつかない。
 で、届いた順番から組むのが届いたプラモデルに対する礼儀、とか言ってられなくなり、もうこれはその時に気分その他で組みたいモノから組む、という方針に変更(ただしローテは崩さない)。
 なので、積んでいるガンプラで一番作りたいのがナラティブガンダムA装備でしたので、組みました……2ヶ月半かかってます(´・ω・`)

 で。
P1080392_r P1080393_r
 ナラティガンダム素体。
P1080394_r
 C装備と。
P1080398_r P1080400_r P1080397_r
 A装備、装着。
P1080401_r
 サイコキャプター展開。
P1080402_r
 対象確保(友情出演:フェネクス)。

 ……モノの紹介よりも、それ以前のグダグダの文章量の方が多いですな。

 MGナラティガンダムC装備が発売される!ので、楽しみに待ってます。
 ガンダム系は、MkII→ν→ユニコーンと好みが変遷しておりまして、今現一番好きなガンダムはナラティブなのでMGは是非欲しい。
 ……まーた転売屋その他に根こそぎやられそうですけど、最近ヨドバシ実店舗でそこそこガンプラの在庫が増えているのを確認してますので、発売後即入手とはいかなくても、そのうちAmazonで定価販売で買えそうなので、あまり気にしてはおりません。
 それにしても、ナラティガンダムC装備、楽しみだな(´∇`*o)
 

| | コメント (0)

2023年9月26日 (火)

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(26)

P1080364_r
 ジョニ帰、完結。
 無事完結して何よりです。作者様に感謝。
 長く続いたので正直そろそろ……とも思ってましたけど、彼らの活躍がもう見られなくなるのも寂しいことです。

 で。
 ミナレットのセンサーがジョニーを感知→復讐装置が起動→レッド=ジョニーが確定、からのその後のイングリットとの邂逅で完全復活。
 むたくたな数のアスタロスの散布システム射出+全方位攻撃……ハリネズミ状態です。
 で、敵味方関係なくミナレットを攻撃、トドメはジョニー。
 最後にジョニーを助けたファンネルは総帥のモノでした。
 何が何でもアムロを出てこさせたいようですな、総帥。
 イングリットのヘビーガンダムに搭載されているバイオセンサーはカミーユのZのものだったり。

 んで。
 行き場を失ったキャラは木星に旅立つのがセオリー、というか先駆けになるのかしら?
 ミナレットを木星に沈めるのを立ち会うためでもあると。
 イングリットの生い立ちも明かされましたし、何故彼女が「ジョニー・ライデン」と名乗っていたのかも明かされました。
 キマイラ残存勢力は……リミア女史の手下に( ̄ー ̄)

 いい作品でしたな。
 なによりガンダム作品にしては珍しく、主要キャラが誰も死ななかった!
 強化人間なんてほぼ死にキャラでしたのにイングリットもユーマも生き残って、更にこの先も未来が有る。
 第1話でのシミュレーターに施された細工について伏線が回収されるとは思ってなかったですな。

 という訳で「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」、完結です。
 絵柄はキレイだわ、内容も面白いわ、自称ジオニスト(ダイクン派)のわらしとしてはヒジョーに良い作品です。
 作者様にあられては、またガンダム作品を創造して欲しいところであります。
 ……またそのうち、初めから読み直そう!

| | コメント (0)

2023年8月30日 (水)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (22)

P1080290_r
 暫く前からガンダム系情報まとめサイト(大体ココで読んでいます)でカーラの暴走が話題となっており、22巻の発売を楽しみにしておりましたが、実際読んでみますと、もうやりたい放題ですな( ・`ω・´)

 で。
 イオvsダリルの激突は続いてるんですけど、ジオングは裏で誰かに操られているらしい……ジオングに組み込まれているのはリリーの妹イースとしても何時組み込まれたんだか。
 刻の間でリリーとダリルが邂逅。
 ブラウ・ブロに組み込まれている誰かは今のところ全然不明。
 その誰かが言う「あの人を止めて」のあの人は糞坊主ではなく、怪物の母カーラでした。

 フォン・ブラウン市がソーラ・レイを撃たれた時のための「奥の手」とはなんでしょうな?
 そーいやまだファーストでの最終決戦地ア・バオア・クーは出てきません……この作品、ファーストをあれこれオマージュしてますんで、サンダーボルトでの最終決戦地もココかも。

 ソーラ・レイ、大僧正がコントロールするビグザムによって移動中。ソーラ・レイ内では発射管制室奪取攻防戦。
 で、カーラがベイビー達=サイコザクの隠し機能を発動→サイコザクパイロット全滅(3名を除く)。
 ……整備兵は、サイコザクを整備している時にこの機能とかもう一つのモノアイに気が付かなかったのだろうか?
 ダリルは見かけガンダムなサイコザクに搭乗してますけど、特に問題なさそう。

 核を抱えたビアンカがビグザムに特攻。
 管制室は南洋同盟が占拠、でも既にソーラ・レイの発射ボタンはオン。
 大僧正は全ての責任を放棄、ダリルに転嫁。
 そしてソーラ・レイ発射、閃光にイオ、リリー、ダリルの運命は!?で以下次巻。

 「ハローベイビー。おまえにはやって欲しい事があるのよ、ママの為に」
 幼児退行してからの復帰で、こーなると予測出来た登場キャラは居なかったでしょうな……大僧正様でも予見できなかった訳ですから→つーか「刻の流れは悪戯に分岐する」なんて言っている程度なんですから、結局予知能力なんて初めから無かった詐欺坊主でしたな。
 ココ数話でカーラの立場というか重要性が滅茶苦茶上がりました。
 ソーラ・レイ絡みの話が終わった後、カーラはどうなるんでしょう?

 この決戦自体の決着がどのような形で着いたとしても、まだ先は長そうですというかまだ続くらしい。
 先程も記載しましたけど、まだア・バオア・クーは出てませんし。
 サンダーボルト宙域とア・バオア・クーが最後の決戦になるのかも。
 次巻は発売が待ち遠しいですな……その前にまたまとめサイトでちらほら情報が出てくるとは思いますが。

| | コメント (0)

2023年8月13日 (日)

機動戦士ムーンガンダム(10)(11)

P1080231_r
 前巻のセールされたのが今年の6月。意外と早く10巻11巻のセールが来ましたので、ポチ。
 で、最新刊まで揃ってしまったので次巻12巻はどーしよーかと考える。
 追いついてしまったので、最新刊が発売されたら即ポチるか、それとも待つか。
 10巻11巻を読んだ結果、お話が盛り上がってきたので即ポチするかもしれませんが、少し待つだけで半額近くになるので迷。
 たかが数百円ではありまするが、100円玉が戻ってくるコインロッカーで取り忘れた程度の悔しさがあるので、待つかも(´・ω・`)

 で。
 ファーザーが散り、アゴスが正気になって、からの続き。
 大気圏突入後、サフィラ乗機のリガズィードに乗って突破→南極大陸でした。
 南極でシャアが擁するネオジオンが訓練中……シャアはアムロと違ってあちこちの作品で登場する頻度が高いですな。

 この作品に登場するミネバは、今までの経緯とか大気圏突入時に現れたハマーンから「十分に与えられた役割を果たした」と言われてますので、おそらく影武者だろうと思われますけど、シャアと対峙しているとき、ハマーンやらカミーユやらが背後に出てくるので、NTの素養があるというか、NTの依代としての能力がありそう……セリフから本物のミネバともつながりがありそうです。
 が、それを利用するシャアは姑息なのか陰謀家なのか。
 ……影武者は常に一人のみ歴史に登場しているのは何処かで調整でもしているんでしょうかね?

 ユッタの体内から強化人間レベルの向精神薬(ベタナール)が検出されている+ミネバも多少検出→ムーン・ムーンで栽培されている例の葉っぱに何か関係がありそう→となるとムーン・ムーンから輸出される成果物がネオ・ジオンには直接行かず、何処かを経由している可能性が。
 メディシンとは一体何処なんでしようか?やはり突如出現してきたルオ商会に関係性があると言わざるを得ませんな。

 ナラティブで登場したミシェル・ルオ+ブリックも出てきた……ミシェルの秘書ってこんな名前だったんだ(知らんかった)。ミシェルはリタを探している様子ですな。
 サフィラさん、ダブリンのコロニー落として子を亡くしたようですな。
 アゴスはほぼ廃人化、コイツの黒幕はシャア&ナナイっぽいですな、リュースではないことは確か。
 シャアは、どーして敵となるMSの性能が宜しくないと助け舟を出すんだか……。
 リュースはダイクンのクローンか何かかも?となるとシャアとは血縁関係になる!のか?

 んで、最後にレイメルが女性であることが明かされる……おっぱいあるから女性でしょう、きっと。ミスリードではないような。
 レイメルとリナートは双子なのかしら?にしてもリナートの髪色は両親のどっちとも合いませんな。

 ということで10巻11巻で、各キャラクターの過去ですとかあれこれ出てきて肉付けされて楽しくなってきました!
 あれこれ明かされたことがありますので、最初からもう一度読み直すと今まで見つけられなかったこと等に気がつくかも。
 次巻が発売されるまでにまた読みなおそう。
 マジで12巻発売されたら即ポチりそうな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧