2017年8月31日 (木)

ドルフィードリーム(その13)

 そーいや、うっかり鶏唐揚げ粉にカルピスウォーター混ぜて唐揚げつくってしまいましたが、別になんともなかったよ!
 ……ああ、3次元の嫁が欲しいですが、時既にお寿司、は炙りが好きですな。

 で。
 かれこれ1年以上ぶりにDD関係の更新です。
 ずーっとラムちゃん(※)に虎縞ビキニを着せたまま飾っておりましたら、案の定、色移りしてました。
 まぁ予測の範囲内というか想定内。
 あまり気にしていないですし、気になるようであれば交換しますもの。
 ウィッグの方は、どーなってんだかさっぱり。
 装着したまんまで、その下がどーなってんだか見てもいません。

 で。
 セーラー服、着てもらいました。
P1010377_r P1010382_r
 ……うーん、なんか違和感。
 生地が黒ではなく、紺色が良かったのかもですが、そんなの見つからず。
 スカートが短い!これはまぁ仕方ないかも。
 あと、スカーフの色が違うのですな。
 アニメ版ですと、スカーフは黄色
 都合よく、黄色のスカーフ入りのドール用セーラー服なんてないですし(若しくは見つけられなかった)。
 そのうちテキトーにナニかを流用してなんとかしましょう。
P1010383_r
 お靴は見つけましたが、学生鞄が見当たらず。
 お着替え中。
P1010386_r

 次は冬服のセーラー服でも。
P1010389_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

ドルフィードリーム(その12)

 前回、背景をなんとかしたい、と宣っていましたので、撮影用背景布買ってみました。
 購入先は……テキトーに「ドール 撮影 背景」でググると検索結果で出てくるトコロです。
 中国製で、在庫が日本国内にあれば割りと直ぐに送ってくれるらしいですが、在庫がないと中国で生産してから送られてくるようで、わらしの場合、2週間ちょいで届きました。
 背景「布」と商品説明では書かれておりますけども、実際には布ではなくポリエチレンか何かに印刷したモノ。
 印刷もあらーい粒子がよーく見えます。
 ま、背景として使うのですし、ある程度ぼやーっとしていたほうが奥行きが出て良いのかもしれません。

 で。
 こんな感じ。
P1000209_r
 2枚購入し、1枚目は和風。
 2枚目は洋風。
P1000222_r
 今回はL胸で撮影しとります。

 ……1回使ったら2回目は無いかも。
 今のところ、ドールを増やすつもりもなく、ラムちゃん(※)のポーズを変える程度なので今後の使用頻度は高くない、というかほぼ無いかも。
P1000232_r P1000240_r
 一応、ラムちゃん(※)はコレからもアレコレ良くしていきたいとは考えておりますので……やっぱり使用頻度は低いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

ドルフィードリーム(その11)

Dsc_4994
 ドルフィードリーム うる星やつら ラムちゃん(※コスプレ)の画像、撮り直しました……その前に背景をなんとかしないとならんかも。
 60cmドールですと、どーやってもいつも使っている撮影スタジオには入りきらんもんで。
 あたるの部屋をでっかいダンボールか何かで再現しようか……。
Dsc_4999 Dsc_5004
 さて、需要があるのか否か、の前にほぼ自分用のメモ又は覚え書きとして、レシピ置いときます(以下反転)。
・ツノ
 ボンピンをベースにして、100円ショップの樹脂粘土を盛っております。
 黄色は樹脂粘土の素材色そのまんま。
 黒色のラインは黒マジック……一応、スジボリしてスミ入れしてみましたが、あまりよろしくないので黒マジックで書くことに。
 ヘッドの形状に合わせて伸ばした弧状のヘアピンをウィッグに仕込み、ツノの底部に貼り付けたネオジム磁石で着脱させております。
・ウィッグ
 MiruyaさんのWG117-マーメイドグリーンを使用。
・ヘッド
 ボークス製DDH-07。
・ドールアイ
 ボークス製ドルフィーアニメティックアイズのFタイプるり色。
・ボディ
 ボークス製DDベースボディIII。胸部はDDII-B-04 上半身パーツ-L寄せ胸に変更。
・ビキニ
 アゾンインターナショナル製48/50cm用 AZO2ビキニset ホワイト、を使用。
 ビキニは、桂屋ファイングッズ みや古染 ホットダイ P-100 ポリエステル専用 col.5 イエロー、で染めております。
  ※ ポリエステル製のため、DYLON プレミアムダイでは染まりません。
 虎縞は、KAWAGUCHI製薄地ストレッチ用 補修布 黒 、を貼り付けております。
・ソックス
 Dolls Collection製ドール用ハイソックス ホワイト、を使用。
 ソックスは、DYLON プレミアムダイ col.05 サンフラワーイエロー、で染めております。
  ※ 綿製のため、ホットダイ P-100では染まりません。
 虎縞は、KAWAGUCHI製薄地ストレッチ用 補修布 黒 、を貼り付けております。

 と、こんなもんかな……をするのに1年くらいかけていたわけですな。
 なにせドールを扱うのは初めてで、どーやったらいいのか判らず、検索と試行錯誤の日々……という程ではないですけどね。
 何か思いついたらやってみる、気が向かなかったら放置でしたし。

 とりあえずそれなりのカタチにはなったので、もう少し上手いことラムちゃんを再現したいと考えております。

 ビキニが小さいため(胸部がでかいともいう)、気を抜くとポロリしますし、ポロリしまくりでこすれた部分に色移りが発生中。
 あまりにも酷くなったら、セーラー服でも着せれば見えなくなるし、パーツを交換すればいい、と考えておりますので、そのまま飾っております。
 と、色移りは気にしないつもりなので、入れ替えているうちに、何れ通常ラムちゃん(※)に加えて、セーラ服ラムちゃん(※)も増えるのかも……。
 ソックスも「ブーツ」にしたいのですが、流用できそうなモノが見つからず。
 大量に余っているトラ柄生地の使い途もなし……アレを使うとやはり虎縞ビキニではなくてトラ柄ビキニになりますし。
Dsc_5011 Dsc_5013
 とりあえず、こんなもんで。
 次にとりかかるとすれば(何時になるやら)、DDH-05ヘッドのメイクからかな。
 の前に背景と撮影技術をなんとかせんと(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

ドルフィードリーム(その10)

 計画立案からかれこれ1年、「ドルフィードリーム うる星やつら ラムちゃん(※コスプレ)」お披露目です。
Dcim1365 Dcim1368
 「※コスプレ」なのは、色々理由が御座いまして……版権がおっかないとか、結局コスプレっぽいラムちゃんにしかならなかったとか。
 小学館とボークスがタッグを組んで正式版を出してくれませんかねぇ。
 というか、DD初音ミクの印象が強すぎて、このラムちゃん(※)でもミクに見えなくもない……結局、緑色のウィッグと青い目だよなぁ。
Dcim1371 Dcim1374
 撮影には、何時ぞや購入してそのまんま使わずにいたレンズをカメラかばんの中から掘り出して使ってみましたが……結局、撮影した画像は使用せず。
 ボケ味を生かした画像を載せたかったのですけど、ガラケーで撮影した画像のほうが綺麗だったもんで。
 撮影技術がないせいで、せっかくのレンズががが。
 てなわけで、画像少なめです。
 そのうちまた撮影するかもしれんです、ハイ。

 ともあれ、とりあえずやっとこDDラムちゃん(※コスプレ)、完成です。
 次は、友引高校のセーラー服かな……バニーガールラムってのも考えましたが、虎縞ビキニ無しツノ無しだと誰か分からなくなるので☓。
 若しくはヘッドを変えてみるか、と。
 このラムちゃん(※コスプレ)のヘッドは、わらしの知識不足その他のため、色々と試行錯誤しまくった結果、お肌がかなり荒れておりますので、再度まっさらな状態からメイクをし直したいもんで。
 手持ちにDDH-05がありますんで、そのうち手を付けてみたいと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

ドルフィードリーム(その9)

 とりあえず前回の反省点から、虎縞ビキニを作りなおしました。
 アイロンプリントも伸びるモノに変更してペタペタ……購入したアイロンプリントは黒色なので、コレで問題点(虎縞が黄濃紺だった)解決。

 何時かやるぞ、と思いつつも全然手を付けていなかったウィッグにも手を付ける。
 それっぽくカットしてみました……後ろ髪は参考資料を見る限り腰辺りまで伸びていますが、あんまりカットし過ぎもアレなので、ちょいと長めにしております。
 本当はウィッグをカットしてセットしてで耳を出したかったのですが、無理っぽいのでパス。

 胸部を「L胸」から「L寄せ胸」に変更……ラムちゃんであれば「M胸」で十分なのでしょうが、どーもわらし的に「物足りない」と感じたため「L寄せ胸」に……好みなんだよ(`・ω・´)
 で、大体こんな感じ。
Dcim1345_2
 あとは、口唇と爪をそれっぽくして完了かな、と考えております。
 ボディメイクも考えておりましたが、なーんか生々しくなりそうなので、とりあえず見送ることに。

 なんとか今月中に完成、しそうです、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

ドルフィードリーム(その8)

 とりあえず、途中経過。
 さて虎縞は、どーすべか……。
 参考になるドールは……ラムちゃんそのものがあまりありませんね。たまに見つけても、トラ柄の生地でビキニとブーツを作っているものばかり。
 一応、布専用のマジックを買ったりもしましたが、ちょっと試しに塗ってみたところ、そんなに滲みはしないものの「なんか違う」気がして中止。
 結局、ずーっと考えて、ふと思いついたのが「アイロンプリント」
 アイロンプリントをチョキチョキ切って、アイロンでペタッと貼り付けてみました。
Dcim1322 Dcim1324 Dcim1326
 画像では黒っぽく見えますが、実際の色は「濃青」です。でもあまり違和感はないでしょ……違和感あったらそれこそ前述の布専用マジック塗ります。
 思いつきでやってみた割にはなかなかいい感じ、と自画自賛してます。というかトラ柄を再現するにはコレ位しか思いつかなかったので。
 が、ビキニとソックスが伸びる生地なのに対して、アイロンプリントは伸びず。
 プチッとアイロンプリントが剥がれたり、ソックスの生地に無理がかかったりと履かせるのに苦労します。
 アイロンプリントも伸びる生地のモノがあれば、な。
 いずれまたやる時があれば、別の案を……別の案が思い浮かんだらやります。

 なんとなくカタチにはなってきておりますが、もうちょい時間がかかりそうですが、次回辺りでなんとか完結したいもんです。
 3月15日までにはなんとか間に合いそうな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

ドルフィードリーム(その7)

Dcim1285
 さて、そろそろ重い腰を上げてみますか、どっこいしょっと。
 てなわけで、DD電撃鬼娘(仮)さんを進めてみる。

 前回揃えた水着上下とソックス(アレはブーツらしいのですが)を染めてみました。
 使用したのは「ダイロンプレミアムダイ」のサンフラワーイエロー。

 途中経過というか作業経過は後ほどで、染めてみた結果、
Dcim1281
 ソックスは染まりましたが、水着上下が全然染まらず。
 染まったソックスもオレンジがかった黄色になってしまいました。
 むー、と考えこんでも仕方なし。さっさと次に進めましょう。
 水着上下セットが染まらない理由→ダイロンプレミアムダイは「ポリエステル」を染められないらしい。
 では、ポリエステルが染められる染料を入手→「ホットダイ」のイエローで染めてみた。
 結果、染まった!!
Dcim1288
 んが、プレミアムダイがオレンジがかった黄色であるのに対し、ホットダイは黄色に近いオレンジ。
 ようは、水着とソックスの色が違う。
 染料が違うので、同じ色にはなりませんな、やっぱり。
 一応、試しに洗濯してみる。
Dcim1291
 ……画像ではわかりづらいですが、洗濯した結果少し色落ちして落ち着き、ソックスは割りといい感じの黄色になり、水着はオレンジっぽい黄色になりました。
 このまま、強行!!するしかないですハイ。
 また染め直すのも面倒、の前にとりあえず下手でも完走したいもんで。
 スコアが悪くても一度クリアしてしまえば、経験値として次に活かせますし……2回目、あるのか!?
 次回があれば、始めからホットダイで染めましょうか。

 ついでにツノなんかも自作。
Dcim1289
 黄色の消しゴム削るとか色々考えましたが、100円ショップの樹脂粘土をコネコネ。
 樹脂粘土だけでカタチを造るのは難しいため、土台にボンピンを使用。
 大きさがわからないので、大小一組つづ作ってみました。

 染料を使って染める、ってのは始めてのことでしたが、ウルトラ面倒。
 ダイロンプレミアムダイは6.5リットル、ホットダイは11リットルのお湯が必要。
 さらにホットダイは湯温90℃以上を30分キープしなければ染まらない。
 たかだか数グラムの布地を染めるのになんでこんなにお湯が必要なんだか。
 11リットル入るような容器や鍋は持ってませんし、このために買うのもアホらしいので、5リットル入る鍋でやってます。

 で、装着。
Dcim1283 Dcim1284
 ……まだ黄色いビキニを着たドールってところですかね(´・ω・`)
 この後、各所に黒を加えれば虎縞になってそれらしく見える、と思いたいですが、その「黒」をどーすんべかと思料中。
 ま、最悪コイツ
Dcim1292
 を使うってのも……まぁコレ以外考えられないですわ。
 染料を使って部分染めするのは難しそうですし。

 なーんか、この状態だとその辺にあるものをあり合わせた安コスプレ、で終わりそうですな。
 水着上下はともかく、ソックスが安っぽさを強調してます。 

 ツノはカチューシャに仮止めしておりますが、どーもあまり具合がよろしく無い。
 カチューシャって結構厚みがありますし、ウィッグで隠すのも一苦労。
 ウィッグの裏から画鋲か何かで止めるか、薄い金属板を入れてツノに磁石を内蔵させるか、のどちらかを検討中です。

 ……、サボったり無駄に時間をかけている訳ではないのですぞ。
 常に、とは申しませんが、アレコレ他のことをしている時にふと「こーしたらよかんべ」というアイディアが浮かんでくるもんなのですウムウム。
 にしても、時間かけすぎですけどね(´・ω・`)

 着衣以外にも、ウィッグのカット、ボディメイク、フェイスメイクの追加、等も考えておりますので、まだまだ終わりそうにありません。
 3月中旬までにはなんとかカタチにしてお披露目したいもんですが、なにせ腰に根っこが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

ドルフィードリーム(その6)

 あっという間に半年以上放置中でした。
 放置中ではありましたけど、時々思い出しては「さてどーすんべー」と思考したり、Amazonなどでふと思いついた時に検索してみたりはしてたのですよ!!(誰に対する言い訳なのか)

 で。
 当初は、トラ柄の生地をチョキチョキするつもりでしたが、そうすと如何せんミシンが必要となる。
 かと言ってコレだけのためにミシンを買うのも……調べてみると、壊れず長持ちするミシンは4万円以上するとかなんとか。ついでに何を買ったらいいのか全然解らない。
 ミシンが使えなければ、別の方法→専用の接着剤がありました。
 「ボンド 裁ほう上手」ってのを見つけましてな……買いましたが、結局まだ使っておらず。

 という訳で、絶賛放置中でしたが、考え方を変え、若干前に進みましたのでエントリ。
 「既存のビキニを染料で染めりゃいいじゃん」
 まーその前に、そんなんあるんかいなと。多分あるにしても入手できるのか否か。
 ドルフィードリーム関連で検索すると見つかりませんでしたが、最近になってアゾン関連で検索するとヒット!
Dcim1234
 ついでにロングソックスも取り寄せる……某電撃鬼娘のアレがソックスなのかブーツなのかについては不問とする(先に進まないもの)。

 とりあえず、着せてみる。
Dcim1230 Dcim1232
 ……なんとなく様になっているような。
 コレをまず黄色に染めて、それから黒色で模様をつければトラ柄になるのでは……その前に染料をまた調べないとイカンですな。
 ……地肌に色移りするか否かについて調べねば。

 ツノについては、ソックス買った時にオマケで頂いた「パッチンどめ」にツノをつければ解決じゃね!?と考え中。
Dcim1233
 一応、カチューシャで再現する方法も考え中であります。

 年内に目標に達成するのは(今までの情勢から)難しいと思われますが、地道に進めております……次回エントリは例によって例の如く「未定」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

ドルフィードリーム(その5)

 ぽっつらぽっつら気が向いた時暇な時、ちまちま作業してます。

 型紙なしでビキニ上下を作ろうとして、
Dcim0819
 こんな感じで生地をチョキチョキしてましたが、全然上手いこといかない。
 で、調べてみましたら、アルミホイルを使って型を作る、という方法を知り、
Dcim0812
 巻いてみました。
 んで、コレを元に生地に下書きしてチョキチョキ。
Dcim0818
 調整したのがこんな感じ。
Dcim0820
 装着!
Dcim0815
 ……前回エントリよりも全然マシですな。

 おまけ。
Dcim0817
 端切れを鉢巻きにしてみる。
 とりあえず次の課題は「ツノ」ですな。
 そう上手い具合にそのまんま「ツノ」になりそうな具材は見つからず、ボンピンを削って作ろうかそれとも粘土か何かをこねて作ろうかと思案中。

 牛の歩みの如く、のほほんと遅々としてますが「あなたへと萌えたハートが止まらない(「萌えた」はあえて誤変換)」うちに完成にこぎつけたいですな。

 ……牛で思い出しましたが、どーせ作るのならウイルスに感染した時用のツノも作ろうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

ドルフィードリーム(その4)

Dcim0799_2
 リキテックスが届きましたので、眉を入れる。
Dcim0805
 ……まぁわらし的にこれが電撃鬼娘(名は伏せる)と思えば、それはそれでいいのではないかと。
 というか、眉を入れるだけだったので、リキテックスのセットはいらなかったような……。
 
 ウイッグは、ミルヤさんとこのWG117-マーメイドグリーンを使っております。
 ぱっと見、濃い緑色のように見えますが、初音ミク緑の髪と黒色の髪がミックスされて濃い緑色に見えるようなってます。
 ……気をつけないと、ウィッグのベースというか被せている布の部分が見えてしまうのがガンでして。

 進行状況。
Dcim0803
 虎縞ビキニは試作というよりも習作です。
 生地は大量にあるのでチョキチョキテキトーに切りながら作ってますが上手くいかない。
 手縫いで十分な気がしないでもないんですけど、多分ブーツの作成でぶっ千切れてミシンを買ってしまうかも。
Dcim0801
 ツノはカチューシャに取り付ければいいだろうと思ってテキトーなカチューシャを買ったら「合わない」
 大きすぎ。
 何か別のドール用のモノらしいです。

 何となく「それらしく見える」ような状態になった、気がしないでもないですけど、まだまだ先は長いんでしょうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧