2023年10月29日 (日)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(その3)

20231029
 死闘累計4時間弱で、葦名弦一郎、撃破。
 アレですな、このゲーム、初見では絶対に「むむむ無理です絶対!!」的なボスでも、何度も戦ってるとだんだんと動きが見えてくるのがすげー面白いですな。
 やればやるほど敵の動きが読め、というか覚えて、それになんとか対応できるようになり、突破出来るのがヒジョーに楽しい。
 ……でもまだ序盤なのに3回忍殺しなければならないボスってのはどーよ?

 そーいや、甲冑武者前の崖がしばらく登れませんでしたな……ネットで聞いたらジャンプボタン連打すると駄目らしい→コツを掴む。
 その前にらっぱ衆、まともに正面から切りつけても全然駄目ですが、きちんと攻略の線があり、それに沿って進むと全員忍殺出来る……という攻略法を探すのが楽しみといえますが、フロムの手のひらで踊らされているとも言えます。まぁそれを発見するのが楽しいので踊れ踊れ。

 とりあえず序盤の強敵というか、難関というか、壁、崖、を乗り越えたような気がしますし、全然面白すぎて時間泥棒で生活に支障がありまくるんですが、楽しくて仕方ないです。
 発売後にプレイすれば!とも思うのですけど、その当時に遊んでいたらここまでハマったかどーか……現時点楽しめているので良いとする!
 さて、次はどんな強敵が待ち構えているのやら?!

| | コメント (0)

2023年10月14日 (土)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(その2)

20231014a
 死闘累計3時間弱で、おそらく最初のステージボスと思われる「鬼刑部」こと鬼庭刑部雅孝、狩!
 初見では、一体どーすればいいのか分からず、只々殺戮されまくりましたけど、勝ちに拘らず、防御しっぱなしっで相手の動きを見て、なんとなく覚えて、この攻撃なら弾けるという場合だけ弾き、そのうち段々と動きが読め、というかパターンを覚え、大体の攻撃を弾けるようになった頃に勝てたという。
 ……途中、トドメの忍殺のことを知らず、2回位狩り逃したりもしましたが。
20231014b
 その後、「まぼろしお蝶」も撃破!こっちは2時間位かかったような。
 鬼形部とは全然違うタイプなので、攻略法が全然わからん、が、そのうちヤラれまくっているうちにパターンを覚えてなんとかなった。
 とりあえず、数回惨殺された後、You Tubeで攻略動画を視聴……成る程。
 空中にいる時にある隙をついて手裏剣で撃墜→斬からの踏み付け→離れる、を繰り返していたら勝てました。
 第二段回で出現する幻影で手裏剣の補給が出来る仕様なのは、フロムの良心かも。

 で、現在は葦名城本城を探索中……分岐点で3方向位に別れているので、何処に行ったら良いもんかと迷走中。

 それにしても、面白い!楽しい!やり甲斐がある!
 フリープレイに来るのを待つとかしないで、早く手に入れて遊べばよかったよ、本当に。

| | コメント (0)

2023年10月 6日 (金)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

20231006a
 「そのうちきっとフリープレイに流れてくるだろう!」
 と思えるほど売れまくったSEKIROですが、結局現時点までそれはなく、更に他にプレイするゲームも見当たらなくなったため、ポチ。
 ……発売から既に4年以上経過してんのかい。

 で。
 見下ろしタイプのラリーゲームはともかく、某稲作横スクロールアクションとか某ロリダークに費やした時間が勿体なかった、と思えるほどすげー面白い!
 そして死にまくり。
20231006b
 死にまくるんですけど、全然理不尽なことはなく、全てきちんと狼を操作できなかったわらし自身のせい。
 「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」
 ではないですけど、死ぬのは間違いなくわらし自身のスキル、判断力、操作のミス、ってことがわかる、ので何度死んでも挑戦したくなる。
 ここ最近プレイした3作は、何れも「他にすることないからするか」的な感じでプレイしてましたけど、コレは他のことを早いところ片付けてプレイする時間を作る&いつの間にかもうこんな時間!?です。
 こんな風に夢中になれるゲームソフトに最後に出会ったのは何時だったか、何だったか……何だったけか?

 でで。
 雑魚1人でも返り討ちにされてたりもしてますが、中ボスの侍大将河原田直盛(狩った)と山内典膳(同)に稽古をつけて貰いました……うわばみの重蔵はどうすればいいのかわからないので今のところ放置……でもそのうち行かないとならんでしょうなぁ。
 なんかこう過去のフロム死にゲーとは違って、相手の隙をついて攻撃、基本は守り、ではなく、こっちから積極的に攻めて、からの相手に攻めさせてそれを弾いて致命を与えるようなタイプですな。
 河原田直盛はヒット&アウェイで狩りましたが、山内典膳は攻めて弾いて勝ててますし。
 ただ、相手の動きがよくわからないので、突きなのか(見切り)、下段なのか(ジャンプ)が全然見分けられず。
 なので、同じ敵に何度もやられますけど、何度も挑戦したくなるほど楽しいですな。
 死にまくると、NPCの具合が悪くなる、ってのはデモンズソウルのソウル傾向と似たようなシステムですかね……それでも無関係というか、死にまくりますが、というかわらしの腕ではどーやっても死なずに進むのは無理です。

 というわけでハマってます。
 まだ中ボスくらいしか狩れてませんし、エリアの大ボスまで辿り着いてない上、もしかしなくても最後までクリア出来なさそうな予感がしてますが、時間を作りつつじっくり遊んでいきたい……んですけど、11月頃に「EA SPORTS WRC」が発売予定、ついでに「GT7」に我が愛車FL5が実装されたので、そっちも遊びたい!
 ……新型というかマイナーチェンジされるのが発売されそうなので、そろそろPS5も買おうかな、と。

| | コメント (0)

2023年9月24日 (日)

リトルウィッチノベタ(その2)

20230925
 リトルウィッチノベタ、クリア。
 ……購入したのが8月上旬でクリアまで2ヶ月弱。
 ステージ数が6つ程度しかないのに何故こんなにかかったのか?
 →全然ヤル気が起きないんですもの、コレ(´・ω・`)
 一般というか広告などでは「ロリダークソウル」とか言われてますけど、何処が?!
 ロリキャラの3Dアクションシューティングといったほうが正しいです。

 理解力が足らないとか言われるかもしれませんけど、結局ストーリーは全然全くちっとも理解できませんでした。
 王座を目指す目的や意味、主人公が何者なのか、不明。

 更にレベルを上げすぎたためか、難易度がスタンダードでしたけど、連射で中盤以降のボスは倒せましたので更に面白味が薄い。
 ……遠距離からの魔法攻撃で雑魚などを狩るのはあんまし面白くなかった……エルデンリングを再開する時は魔法キャラでするのは止めたほうが良さそう。

 正直、ゲームそのものに飽きが来ているのかもしれませんが、それにしてもハズレでしたな(個人の感想です)。
 次は、もう少し他のことを押しのけてでもやりたくなる、時間を忘れてしまう、そんなゲームがしたいです。

| | コメント (0)

2023年8月 4日 (金)

リトルウィッチノベタ

 そーいやダクソシリーズで魔法キャラ(遠隔攻撃キャラ)使ったこと、ほぼ無。
 遠隔攻撃できれば結構楽に攻略できるな、でも一撃で「YOU DIED」になるし、それよりもザクザク叩き切ったほうが面白い!
 という訳で、次回エルデンリングをプレイする時は、魔法キャラでと思いつつ、クリア後即ディスクは手放してしまい、そのうち発売されるであろうDLC入完全版を待っているのですが、全然出ませんな(´・ω・`)
 クリア時間が長すぎて、クリア後即2回目をする気にはならなかったですし。
 ……魔法キャラもいいですけど、「屍山血河」ビルドでもプレイしたいなと。

 で。
  「ロリダークソウル」こと「リトルウィッチノベタ」、始めました。
20230804a
 ……サクナヒメといいart of rallyといい、超絶巨大有名なディベロッパーではなく、中規模的なところのモノを選んでいるつもりはないのですが、結果としてそーなってます。
 なんかこう、最近コレ絶対やりたい!というゲームがないです、見当たりません。

 さて。
20230804b
 死にます。
 の前に、何故王座を目指さなければならいのか、ゲームを開始後、全然理解不能。
 そもそも主人公のノベタは一体何者?ロリな魔法使い以外不明。
 なので、止む無く公式サイトなどをネタバレしない程度に閲覧。
 ……記憶喪失で自身を知るために王座を目指す、ということですか。
 メインタイトルで待っててもなーんにも起こらないので、始めたら意味不明でした。
 もしかしたら、最近AVアンプが不調で、突如電源が落ちるため、落ちている間に何か重要なストーリーが展開されていた、のかも。

 雰囲気は、PS3程度のグラですが、割といい意味のでストレスが感じられます。
 なにか出るかもしれない、やられるかもしれないというゾワゾワ感ゾクゾク感、有。

 すっかり死にゲーの鉄板を忘れてましたが、
 雑魚に突撃、滅→誘き寄せからの各個撃破か!
 ボスの攻撃が避けられない→ローリングか!
 こっちの攻撃が全然ダメージを与えられない→溜め攻撃か!
 となんとなく、この手のゲームを思い出しながら進めており、現在転落すると即死の溶岩ゾーンを攻略中。
 まぁ、他のことを押しのけてまでもプレイしようという気にはなってないので、またのんびりとやりたくなった時に遊びましょうと。
 ……のんびり時間をおいてプレイすると、続きをするときに前回何をしていたのかすっかり忘れているという(´・ω・`)
果たして、最後まで行けるんでしょうか? 

| | コメント (0)

2023年7月26日 (水)

天穂のサクナヒメ(その4)

20230726 20230726b
 サクナヒメ、ラスボス狩って終了。

 序盤→何がなんだかわからない、とりあえず面白味が感じられないのでダラダラ短時間するだけ。
 中盤→真価解放や素材集めが楽しい。
 終盤→まだ終わらんのか、辛い。

 うーん、一応最後まで行きましたけど、まぁ佳作といったところで。
 発売後にあちこちで取り上げられ、農水省が絡んだりと結構話題となってましたが、制作者のこだわりを感じられるまでやり込むこともなかったですな。
 稲作の合間に探索その他をするので、探索のテンポが悪かったりと、どーもドツボというかドハマリすることはありませんでした。
 素材集めその他をやり込んで、ほとんどの装備の★を埋めたりもしましたが、それが最後には負担になって早く終わらせたくなったり。
 悪くはないですけど、もう一度するかと聞かれれば、まぁしませんな。
 45時間近く遊ばせてもらいましたので、もーいーやと。

 とりあえず、最後まで行けて良かった、と。
 やりこみ要素は残ってますけど、次のゲームに取り掛かろうと思っとります。

| | コメント (0)

2023年7月14日 (金)

art of rally(その7)

20230714a 20230714b
 グループa、最後の1996で勝利し、終了。
 最後はSS5つの4戦で、ほとんど勝たないと最終的な勝利は難しいので、3戦まで2位以上をキープ出来なければシーズンから撤退する、を繰り返すほどではありませんでしたが、3回目位でクリアでけました。
 ……わらし自身の調子によりけりですな。勝てない時は全然全く上位に食い込めないけど、調子が良いとトントン拍子に最後まで行けましたし。技量よりもメンタル的な面が重要でした。
20230714f 20230714g
 で。
 楽しかった!面白かった!
 見下ろし型のラリーゲームなので、コレでライン取りをマスターしてDR2.0に活かす!、のつもりがそもそも上手くクルマをコントロール出来ず、度々路外逸脱するもんですから、ライン取りどころの話ではなかったですわ(´・ω・`)
 まぁでもなんとなくコーナーリングの仕方がわかったような気がしないでもないです。
 わらしの場合は、コーナー手前でガッツリブレーキ掛けてからハンドル操作→ブレーキを離すとゆるっと曲がるのでそこでアクセルオン、を繰り返してなんとかクリアまで辿り着けました。
 グループaでは結局全戦「the liftback」(セリカ・ターボ)しか使わず……他のクルマは挙動がセンシティブでコーナー途中でクルクル回ってしまうんですもの。
 でもま、セリカがあったおかげでなんとかクリアできましたし。
20230714c 20230714e 20230714d
 1997以降はDLC等で追加されないのかしら……1996でグループAは終了で、1997以降はWRカー規定になっているんで、WRカーでもプレイしたいですな。
 一応クリアはしましたんで、これ以降遊ぶのか否か……全戦全SSで勝利とか、全ての車でそれをするとかやりこみ用はありまするけど、その前にサクナヒメをなんとかしなければ。

| | コメント (0)

2023年7月 2日 (日)

art of rally(その6)

20230702a
 グループs、やっと全戦終了。
 今回は、滅茶苦茶苦労しました。
 全然わらしにピタッとハマるクルマが見つからず、あれこれクルマ替えまくって試したり練習したりしているうちに終了してしまいました。
 わらしが使って勝てたのは、The rotary s7、Il gorilla e2、The t22の3車種。
20230702b 20230702c
 でもどれも走っていて楽だったとか楽しかったことは無し……滑りまくるんだもの、どれもコレも。
 グループsは全戦辛かったですわ(´・ω・`)

 が!
 ついにグループaに到達できました。
20230702d 20230702e 20230702f 20230702g 20230702h
 見慣れたよく知る車たち。
 とりあえず軽く試走してみましたけど、結構走りやすそう=コントロールしやすそうな感じでした。

 さて、これから最後のシーズンですが、正直、すべての年代で勝利してしまったら、再度このゲームをやり直すことはないかもしれないです。
 走っていて楽しいんですけど、他にも遊びたいゲームがありますし……そろろコードマスターズ製のWRCゲームが発表、発売されそうですし。
 まぁ、サクナヒメの素材集めにハマっているので、こっちもあまり時間が取れないので、クリアするまで暫く掛かるかもしれません。

| | コメント (0)

2023年6月26日 (月)

天穂のサクナヒメ(その3)

 ……サクナヒメ、なんか今更になって楽しくなってきました!
 火山を攻略する前に各エリアの探索目標をクリアしたり、真価解放や装備を揃えるために素材を掘りに行ったり、で楽しい。
 5章手前辺りからやっとハマった感じになりました。

 武技は使えば使うほど熟練度が上がって威力も上がるのが良いですな。
 単にレベルが上がれば威力も上がるよりも全然好ましいです。
 が、まだ羽衣を使った武技は全然使いこなせてないですな、というか今のところ登鯉と飛燕で十分雑魚やボスが狩れますし。

 難点というか攻略していての不満点は隠し通路であり、それを見つけないとストーリー上先に行けない場合があること。
 まぁ詰まって先に進めなくなれば攻略法を見ればいいのですけど。

 段々ハマって楽しくなって、art of rallyにかまける時間が短くなっているという……あっちはどんどん難しくなっているので、クリアできないストレスが溜まりつつあります。
 まぁ、走るのを楽しむ方に舵を切ればいいのですけど、楽しく走れるクルマが見つからず、馴染めず(´・ω・`)

 サクナヒメは楽しく、なかなか途中で区切れないのが困りもの。
 何故かというと、区切れの良いところで終わらないと、再開する時に何処を攻略していたのかはともかく、何の素材を集めて何を作ろうとしていたのかすっかり忘れているという。
 ……すっかり老いましたな(´・ω・`)

 で。
20230626a 20230626b
 石丸?誰?なんか最序盤に出てきたらしいですけど、全然覚えていないです。
 ちょっと前におっさんからこの人物の話が出てましたけど、全く覚えてないです。
 コイツが鬼化ボス化して立ちはだかりましたけど、全然楽勝……じっくり素材集めをし過ぎて、レベルが上がりすぎたのかも。
 コレで一段落と思いきや火山の噴火で、住処や田が全滅。
20230626c 20230626d
 それでもサクナヒメや人間たちは諦めず、
20230626e
 再度田の育成をやり直し。
 6章に突入しました。
20230626f
 既に30時間弱遊んでますが、まだ先は長そうな感じですが、楽しいのでまーだ暫く遊べそうです。

| | コメント (0)

2023年6月19日 (月)

art of rally(その5)

20230619a
 グループb、さっくりとクリア!
 車は、何かわからない車(グループBはあまりよくわかってない)から、プジョー・205ターボ16(多分)に変更したところ、すぐにその操作に慣れ、初戦以外は負け知らずであっさり最後の1986まで連勝してグループb、終了。
 最終戦1986はSSが5つ、且つ、3戦でしたけど、難なく抜けられました。
 プジョー205T16は使っていて楽しかったですな、そんなに蛇行もせず、扱いやすく。
20230619d 20230619c 20230619b
 で、グループsへ。
 ……さっくり楽しかったグループbと比べ、操作し易そうなクルマが見つからない(´・ω・`)
 アクセル操作が難しい→直ぐに蛇行してしまう。
 まずは毎度の如く、クルマの操作に慣れなければ。
 グループsが終われば、最終目標であり、楽しみにしていたグループaであり、コレをクリアしてしまうとゲームそのものも終了してしまうので、まぁのんびりじっくり走り込むつもりです( ・`д・´)

 そーいやまだ日本語の正式版、配信されませんな……配信される前に北米版で遊んでいるわらしは終わってしまいそうですが。
 それと、このゲームを開発した「Funselektor」、次作はどんなドリフトゲームを創るんだろうか……。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧